解決事例

治療中の段階で弁護士に依頼し、むちうち(腰痛)で14級が認定されたUさん(40代主婦)の事例

ご相談者Uさん
(福岡県大野城市)


受傷部位頸椎捻挫,腰椎捻挫
等級14級9号(腰痛)
ご依頼後取得した金額
約325万円

内訳


損害項目 弁護士介入後
休業損害 約60万円
傷害慰謝料 約87万円(通院7か月)
後遺障害慰謝料 約100万円
後遺障害逸失利益 約75万円(裁判基準)
結果 約250万円+自賠責保険(75万円)

状況

Uさんは、信号待ちで止まっていたところ、50キロほどのスピードで後続の車に追突される交通事故に遭いました。Uさんの車の修理費は30万円を超えていました。

この事故で同乗していたUさんのお母様は、幸いけがが大きなものではなく、すぐに解決しましたが、Uさん自身は首と腰の痛みが生じていました。

Uさんは骨折などの外傷はなく、頸椎捻挫、腰椎捻挫と診断され、週に3回から4回整形外科に通院していました。

ところが、事故から3か月ほど治療を継続した段階で、Uさんの首の痛みは改善傾向にあったものの、腰の痛みと腰から右臀部にかけてのシビレがなかなかよくならない状況でした。そこで、今後のことが不安になったUさんは弁護士に相談し、手続や賠償について聞くことにしました。

 

弁護士の関わり

相談に来られた際、Uさんは治療中でしたので、今後の通院方法についてアドバイスし、後遺障害手続の流れや保険会社とのやり取りについてUさんに説明しました。Uさんは弁護士費用特約に加入していたため、治療中の段階から弁護士が受任し、MRI検査などのサポートを行いました。

事故から7か月ほど経過した段階で腰痛とシビレが残っていた状態だったため、主治医の医師に依頼して後遺障害診断書を作成してもらいました。

その上で、弁護士が診断書や診療報酬明細書、検査画像といった事故資料を収集し、被害者請求を行いました。(被害者請求についてはこちらをご確認ください。

その結果、腰痛と下肢のシビレで14級9号の認定を受けました。この被害者請求の結果を踏まえて、相手方保険会社と交渉しました。当初相手方保険会社は、慰謝料は裁判基準の80%、逸失利益は喪失期間を3年間とする示談案を提示してきましたが、弁護士が補償として少なすぎる旨交渉した結果、最終的には自賠責保険金 75万円を除いて約250万円を支払ってもらうことで示談が成立しました。

 

補足

Uさんは弁護士費用特約に加入しており、過失も一切ない事案だったため、弁護士としては裁判をすることも視野に進めていましたが、Uさんが事故後に生活環境の変化もあり、裁判による解決よりも早期解決をご希望されたこともあり、最終的には慰謝料を90%として示談に至りました。しかしながら、それでも 250万円ほどの賠償金を得ることができ、Uさんにとても満足していただきました。

 

 

関連記事:

◇ 主婦の休業損害はどのように算定するの?

◇ 後遺障害の逸失利益はどのように計算するの?

◇ 交通事故について弁護士に相談、依頼するのはいつがよいでしょうか?

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。

その他、受傷部位が『首』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら