解決事例

受任から1か月で150万円の増額に成功したむちうちの症状が残るYさん(50代主婦)の事例

ご相談者Yさん
(福岡市西区)


受傷部位頚椎捻挫,腰椎捻挫
等級14級9号
ご依頼後取得した金額
305万円

内訳


損害項目 保険会社提示額 弁護士介入後
休業損害 30万円 56万円
傷害慰謝料 55万円 81万円
後遺障害慰謝料 75万円 78万円(裁判基準 5年間 5%)
後遺障害逸失利益 100万円
結果 160万円 305万円(150万円増額)

状況

福岡市西区にお住いのYさんは、片側2車線の左車線を走行していて、赤信号停止中に後続車に追突される交通事故にあいました。衝突の勢いでYさんの車も前に引きずられ3台の玉突き事故になりました。修理費は 100万円を超える事故でした。

交通事故の当日、Yさんは救急病院を受診し、レントゲン検査を受けましたが、骨に異常はないとして頚椎捻挫、腰椎捻挫と診断されました。その後、Yさんは自宅近くの整形外科に通院していました。通院中はなかなか首の痛みと腰の痛みが取れないので、注射(神経ブロッグ注射、トリガーポイント注射)を受けていました。

事故から半年後に、Yさんは保険会社の方から症状固定と後遺障害の手続を案内され、事前認定で後遺障害の申請をしました。その結果、腰部痛について14級9号の認定を受けました。

保険会社はその結果を踏まえて、賠償額の提示をしてきました。この通知を見たYさんは、提示額 160万円という提示が適切な補償を受けられているのか疑問に感じたため、弁護士に相談しました。

 

弁護士の関わり

弁護士が保険会社からの提示額を確認したところ、自賠責保険の基準に従った補償内容でした。Yさんには明らかに過失もない事案でしたので、適切な補償を受けているとは到底いえない状況でした。

そこで、弁護士は受任後、通院記録を確認した上で裁判基準に従った賠償を求めて交渉しました。もっともYさんは、裁判をすることまでは考えておらず、早期解決を望んでいたので、その意向も踏まえて交渉を進めました。

当初保険会社の提示額は、慰謝料80%、逸失利益3年という提示で総額は 250万円ほどでした。Yさんがもともと受けていた提示額より 100万円近く増額した提示でしたが、Yさんに説明の上、さらに交渉を継続しました。

その結果、慰謝料については多少譲歩したものの、逸失利益については主婦として5年間5%という裁判所で認定されるのと同等の補償を得ることができました。150万円の増額で賠償額は 300万円を超えました。受任から1か月のスピード解決でした。

 

補足

Yさんは、腰部痛で14級9号の認定でしたが、頚部痛も残存していました。もっとも、Yさんは過去の交通事故の際、頚部痛で14級9号の認定を受けていたため、「加重」というルールで自賠責保険では新たに等級は認定されませんでした。仮に、頚部痛のみだった場合には、訴訟提起も必要になった可能性がある事案です。

 

 

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。

その他、受傷部位が『首』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら