解決事例

半月板損傷で後遺障害を獲得し、700万円以上の補償を受けることができたZさん(40代会社員)の事例

ご相談者Zさん
(福岡県北九州市小倉南区)


受傷部位右膝(半月板損傷)
等級12級13号(右膝痛)
ご依頼後取得した金額
約700万円

内訳


損害項目 弁護士介入後
傷害慰謝料 139万円(裁判基準 通院9か月)
後遺障害慰謝料 290万円(裁判基準)
後遺障害逸失利益 370万円(裁判基準 10年間 14%)
結果 700万円(過失10%減額後)

状況

Zさんは、駐車場に車を止めて、歩いてお店に向かって歩いていたところ、前方不注意でZさんの存在に気づくのが遅れた車に右側からひかれる交通事故にあいました。

この事故で、Zさんは腰と右膝痛の症状がでました。病院では当初痛みのあった腰と右膝のレントゲンを撮影しましたが、骨には以上がなく、打撲と診断されていました。しばらく自宅近くの病院に通院を継続していましたが、一向に痛みが引かなかったため、主治医から紹介状をもらって膝のMRI検査を受けました。この時点で事故から約2か月が経過していました。このときのMRI検査で、「右膝内側半月板損傷」が判明し、初めて右膝痛の原因が明らかになりました。

ロッキングの症状が起こっていないこともあり、医師からは手術ではなく保存療法での治療を選択されました。7か月ほど治療をしたところで、保険会社から「そろそろ治療を打ち切って後遺障害の手続に進んではどうか」と連絡があったため、Zさんは弁護士に相談することにしました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、受任後すぐにこれまでの診断書、明細書を取り寄せて、Zさんの症状経過を確認しました。確認したところ、半月板損傷がわかるまでの間も事故当初から一貫して「右膝痛あり」と言及されていたため、因果関係を認められる可能性は十分にあると考えられました。

そこで、弁護士は主治医に後遺障害診断書の記載をお願いしました。その際、画像所見以外に半月板損傷の検査とされる「マクマレーテスト」の実施もお願いして実施してもらいました。テストの結果も陽性でしたので、その旨を診断書に記載してもらい申請しました。

その結果、右膝痛は事故による半月板損傷が原因であるとの理由で12級13号の認定を受けました。

認定後、保険会社との最終的な示談交渉を行いました。賠償額が大きくなるため回答に時間がかかったものの、裁判基準どおりの提示を示談の段階で獲得することができ、治療費を除いて 700万円以上の補償をZさんは受けました。

 

補足

痛み(疼痛)について、後遺障害の認定では「局部に神経症状を残すもの」という14級9号と「局部に頑固な神経症状を残すもの」という12級13号の2つの項目があります。

両者の違いの1つは、医学的に症状を証明できるかどうかに関して、画像所見が極めて重要になります。すなわち、今回のZさんのように右膝痛の原因が半月板の損傷であるという所見があるかどうかが認定結果に大きく影響します。Zさんも14級の認定では 300万円程度の補償しか受けられませんでしたので、適切な補償を受けるためには、後遺障害の認定が重要であるというのがこの事例からもわかります。

こちらのページも御覧ください(当事務所の特徴「後遺障害の等級認定を強力にサポート」へ)。

 

 

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。

その他、受傷部位が『下肢(足・足指)』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら