解決事例

弁護士に依頼して約1週間で150万円以上の増額に成功したIさん(40代会社員)の事例

ご相談者Iさん
(北九州市八幡東区)


受傷部位頸部(頸椎捻挫)
等級14級9号
ご依頼後取得した金額
340万円(150万円以上増額)

内訳


損害項目 保険会社提示額 弁護士介入後
傷害慰謝料 約75万円 97万円裁判基準 通院7か月)
後遺障害逸失利益 約55万円(5%、2年) 約130万円喪失率5%、5年間分
後遺障害慰謝料 40万円 110万円裁判基準
結果 約170万円 約340万円(150万円以上増額)

状況

Iさんは、勤務先のトラックを運転中で、信号停止中に後続車に追突される交通事故に遭いました。

この交通事故でIさんは、頸椎捻挫、腰背部挫傷と診断され、整形外科で消炎鎮痛処置を受け、ロキソニンテープを処方してもらっていました。

事故から7か月ほど整形外科に通院し(実通院日数110日)、治療を続けましたが、頸部痛が残ってしまい、症状固定となり後遺障害の申請を事前認定で行いました(事前認定と被害者請求の違いはこちらをごらんください。

そして、事前認定の結果、Iさんは頸部痛について14級9号が認定されました。事前認定の結果をIさんが知って間もなく、相手方保険会社から示談案の提示を受けました。当該金額が妥当かどうかわからなかったIさんは、交通事故に遭った際に乗っていた会社のトラックに弁護士費用特約がついていることを知り、当事務所にご相談に来られました。

 

 

弁護士の関わり

Iさんの受けた提示内容を弁護士が確認したところ、傷害慰謝料や後遺障害の補償が不十分な状況でした。示談書の中では傷害慰謝料について、「弊社基準10%増」と記載されており、賠償の目安を知らないIさんのような一般の方には、通常より多く受け取れるように解釈できる記載になっていました。

そこで、すぐに弁護士が裁判での賠償基準を目安にした賠償案を算出し、交渉を開始しました。

すると、相手方保険会社は、弁護士の書面に対して、わずか1週間で了承する旨連絡してきました。そこで、示談が成立しました。

Iさんが当初受けていた提示よりも約1週間で 150万円以上も増額した結果となりました。先ほどの傷害慰謝料についても 20万円以上の増額となりました。

 

補足

Iさんのケースでは、弁護士が依頼を受けて最初の交渉でこちらの請求にすべて応じてもらうという形で解決しました。そのため、1週間というスピード解決が実現しました。

もちろん、多くの事例では今回のケースのようにはいかず、ある程度の期間をかけて交渉する必要がありますが、弁護士が交渉に入ることで保険会社の対応が大きく変わるということが今回のケースで理解していただけるのではないかと思います。

 

 

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。

その他、受傷部位が『首』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら