解決事例

左膝内側半月板断裂により、後遺障害等級12級13号などが認定され、裁判基準を上回る賠償金を示談交渉で獲得したTさん(30代会社員)の事例

ご相談者Tさん
(福岡県糸島市)


受傷部位左膝内側半月板断裂、左上腕骨骨頭骨折、頸部捻挫、腰部捻挫など
等級12級13号
ご依頼後取得した金額
約1220万円

内訳


損害項目 裁判基準 弁護士によるサポート結果
傷害慰謝料 約174万円 合計 約1220万円
後遺障害逸失利益 259万円(喪失率14%、喪失期間10年)
後遺障害慰謝料 290万円
休業損害 304万円(事故日から症状固定時の全期間)
結果 約1027万円

状況

Tさんは、大型貨物トラックで走行していたところ、反対車線を走行していた中型貨物トラックが突然センターラインを大幅にはみ出し、逆走してきたため避けることができず、正面衝突するという交通事故に遭いました。

この事故により、Tさんは、左膝内側半月板断裂、左上腕骨骨頭骨折、腰部捻挫などの重傷を負い、緊急搬送され入院することとなりました。数日間の入院を経て、関節鏡視下半月板切除術を実施し、リハビリや投薬治療を実施されました。

Tさんは、治療を進めて行く中で、今後の補償などについて疑問点が生じたことから、弁護士に相談に来られました。

 

弁護士の関わり

Tさんは、事故後1ヶ月経過した頃に相談に来られたのですが、当時はまだ就労できる状態ではなく休業損害の補償などについて不安を抱えられていました。そこで、弁護士は、今後の見通しを伝えるとともに、保険会社と休業損害の交渉を進めました。結果として、事故日から症状固定時まで全期間にわたり休業損害を獲得することができました。

その後、Tさんは、1年3ヶ月間にわたり治療を継続しましたが、左膝や腰などの疼痛は消失せず、一進一退の状態であったため、症状固定として後遺障害の申請をすることになりました。

弁護士は、後遺障害診断書作成にあたって、診断書や診療報酬明細を取り寄せ、医師が作成した後遺障害診断書をチェックし、一部修正を依頼するなどして資料を揃え、後遺障害の申請を行いました。

結果は、左膝痛の症状について12級13号、右膝痛・頸部痛・腰部痛の3点については14級9号が認められ、併合12級の認定を受けることができました。

弁護士は、これらの結果を前提に損害額の算定を行ない保険会社に対して請求をかけました。

まず、保険会社は過失割合について争ってきました。そこで、弁護士は、事前に取得していた実況見分調書(警察官が事故の状況を記録した資料)を保険会社に示し、Tさんに一切過失がないことを説明しました。その結果、過失割合は10(相手方):0(Tさん)で合意することができました。

Tさんの交通事故が甚大な事故であったこともあり、保険会社も慰謝料や逸失利益については、裁判基準に近い水準での提示をしてきました。

しかし、弁護士は、突然トラックが逆走してきて正面衝突するという事故の態様やTさんの負った傷害の程度などを鑑みると、裁判基準以上の賠償がなされるべきである考え、交渉にあたりました。

その結果、裁判基準以上の賠償金を獲得することができました。

 

補足

交通事故の賠償基準の一つとして裁判基準がありますが、これは賠償基準としては最も高い水準の基準です。もっとも、裁判基準は、損害の算定実務を円滑にするために、過去の裁判例などを参考にして、定型的に定められたものですから、全ての事故に当てはまるものではありません。

交通事故は千差万別ですから、それぞれの事故ごとに特有の事情が多数あります。これらの事情をきちんと抽出して、保険会社に主張しなければ適切な補償を獲得することはできません。

本件のように、本件特有の事情を保険会社に主張することで裁判基準以上の水準で合意することができる場合もあります。

賠償金の計算方法についてはこちらからどうぞ。

 

 

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。

その他、受傷部位が『上肢(肩・腕・手)』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら