解決事例

夫の単身赴任先で追突事故に遭い、その賠償金が弁護士に依頼することで2倍になったXさん(50代主婦)の事例

ご相談者Xさん
(飯塚市)


受傷部位頚椎捻挫、腰椎捻挫
等級なし
ご依頼後取得した金額
185万円(当初提示額の約2倍)

内訳


損害項目 保険会社提示額 弁護士によるサポート結果
傷害慰謝料 80万円 95万円
休業損害 0円 90万円
結果 80万円 185万円(当初の倍以上)

状況

Xさんは、連休を利用して夫の単身赴任先を訪れていたところで、追突事故にあいました。この追突事故で乗っていた車は修理費に 60万円ほどかかってしまいました。

事故直後は、単身赴任先の病院を受診し、骨折はないということで、頚椎捻挫、腰椎捻挫と診断されました。

そして、夫の単身赴任先から自宅に戻ってきてからは、主に整骨院で治療を継続しました。幸い後遺症は残らず、事故から8か月ほどで治療が終了しました。

治療終了後に、保険会社から賠償金の案内が届きました。Xさんは、内容を確認しましたが、慰謝料の額がこの金額で示談してよいものかわからず、弁護士に相談することにして、当事務所にご相談に来られました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、Xさんから事故の状況を伺い、持参された賠償案を検討しました。

すると、休業損害が「0」となっていました。夫が単身赴任とはいえ、Xさんに生活状況を確認すると、成人したばかりのお子さんと父親と同居生活を送っており、Xさんは家事従事者と評価できると考えました。

そこで、弁護士はXさんを家事従事者として、いわゆる主婦休損を保険会社へ請求しました。

弁護士の請求を受けて、保険会社でもXさんの生活状況から家事従事者として取り扱うと回答があり、主婦休損を認めてもらうことができました。

金額についても、追突事故で自動車の修理代にも 60万円ほどかかっており、決して軽微な事故とはいえないことなどを主張して、90万円を認定してもらいました。

そして、慰謝料についても、当初Xさんが提案されていた金額から 15万円ほど増額してもらうことができ、最終的な賠償額は、当初の 80万円から倍以上の 185万円になりました。

 

補足

主婦休業損害は、家事従事者であれば認められますが、今回のXさんのように、ご主人が同居ではなく、単身赴任といった場合には、認定することができるか争いになることがあります。

仮に、Xさんにはお子さんがおらず、一人暮らしという場合には、基本的には休業損害は認められず、ご主人が帰省された日のみ休業損害を認めるといった形になるでしょう。

今回は、Xさんにはお子さんもお父様もおり、同居していたという事情があり、食事や洗濯、掃除もXさんが行っていたことから、保険会社も弁護士の指摘により認めることになりました。

休業損害を受け取れるかどうかで賠償額がXさんのように大幅に変わってきますので、お困りの方は是非弁護士にご相談ください。

主婦の休業損害については、こちら「主婦(家事従事者)の休業損害はどのように算定するのでしょうか?」をご覧下さい。

 

 

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。

その他、受傷部位が『首』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら