解決事例

依頼していた弁護士を変え、さらに約50万円増額したLさん(70代無職)の事例

ご相談者Lさん
(福岡県田川郡)


受傷部位首(頚椎捻挫)、耳(耳鳴り)
等級14級9号(頚椎捻挫に伴う手のシビレ)
ご依頼後取得した金額
210万円

内訳


損害項目 保険会社提示額 弁護士によるサポート結果
傷害慰謝料 76万円 100万円
後遺障害慰謝料 88万円 110万円(裁判基準)
結果 164万円 210万円

 

状況

解説図Lさんは、自転車に乗って大通りを通行していたところ、路地から飛び出してきた自動車に衝突してしまい、そのままバランスを崩して転倒してしまう交通事故にあいました。

Lさんはすぐに救急車で病院に搬送されましたが、意識もあり、レントゲン検査の結果、骨にも異常はないということで頚椎捻挫と診断されました。

その後、自宅近くの整形外科に通院し、治療を行っていました。途中、Lさんは右耳が聞こえづらい、耳鳴りといった症状が出てきたため、紹介状をもらって耳鼻科にも定期的に通院をしていました。

その後、6か月ほど整形外科での治療を継続しましたが、手のシビレが最終的に改善されなかったため、医師に後遺障害診断書を作成してもらって、後遺障害の申請を行いました。

このとき、Lさんの保険会社から弁護士費用特約があることを教えてもらい、弁護士に依頼して後遺障害の手続を行いました。

解説図その結果、聴力障害や耳鳴りについては、非該当と判断されたものの、手のシビレについては、頚椎捻挫に伴うものであるとして14級9号の認定がなされました。

その結果を踏まえて、Lさんは引き続き弁護士を通じて、相手方の保険会社と示談交渉をしていました。ところが、弁護士から、「保険会社から提案されている現在の内容以上の増額は難しい」と言われてしまいました。

そこで、本当に増額は難しいのかを確認するためにLさんは別の弁護士としてデイライト法律事務所の弁護士に相談することにしました。

 

 

弁護士の関わり

弁護士は、相談時にLさんが持参した資料を確認して、保険会社から提案されている賠償額をチェックしました。

すると、慰謝料について、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料ともに裁判基準の 80%という提示内容にとどまっていました。もともと依頼をされていた弁護士がなぜこの内容で増額が難しいとLさんに説明していたのかはわかりませんが、デイライト法律事務所の弁護士は、まだ増額の余地はあると判断して、そのことをLさんに伝えました。

その後、それまでの弁護士と交代して、保険会社と交渉を開始しました。以前の弁護士が提示していた内容を踏まえつつも、そもそも提案していた傷害慰謝料額については、耳鼻科での通院なども考慮すれば、もう少し高い金額を請求する余地があると考え、改めて請求金額を検討し直しました。

後遺障害申請書弁護士が改めて賠償額を提案したところ、相手方保険会社もその金額を前提に示談交渉に応じてくれたため、最初の回答の時点で、もともとの弁護士がこれ以上の増額が難しいと言っていた金額を超えました。

それでも、さらに交渉の余地があると考えた弁護士は、安易に慰謝料の減額には応じないという姿勢を示して粘り強く交渉を継続しました。

最終的に、傷害慰謝料として 100万円、後遺障害慰謝料として 110万円という裁判基準をベースとした内容で示談を成立させることができました。

 

 

補足

弁護士によって、増額できる金額には差が出てきます。これは、それぞれの弁護士のスタンスや被害者の方が置かれた状況をどのように判断するかによって、影響が出るためです。

今回のLさんの事案でも、別の弁護士がこれ以上は増額が難しいと一度はいった内容でしたが、デイライト法律事務所の弁護士は、事務所全体で年間300件以上の相談を受けており、そうした経験からさらなる増額が可能であると判断して、実際に 50万円近く増額することができました。

デイライト法律事務所

もちろん、すべての事案がLさんのようにいくわけではありませんが、適切な補償を被害者が獲得することに日々力を注いでいるからこそ、導けた解決だと考えています。

今後も、福岡で一人でも多くの交通事故被害者のお役に立てるよう活動していきたいと思います。当事務所の特長はこちらをご覧ください。

 

 

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。

その他、受傷部位が『頭部・脳』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら