解決事例

弁護士に依頼後、わずか1か月で40万円の増額に成功した(20代会社員)の事例


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。
なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

ご相談者Aさん
(北九州市小倉北区)


受傷部位頸部、股関節、精巣
ご依頼後取得した金額
約135万円 既払い金を除く

内訳


損害項目 弁護士によるサポート結果
傷害慰謝料 約132万円(裁判基準90%)
結果 保険会社提示額 95万円
示談額 約135万円(既払金約30万円を除く)

 

状況

解説図Aさんは、バイクで交差点を走行中、交差点を右折してきた自動車に側方から衝突されるという交通事故に遭い、その場で激しく転倒したことで、頸椎捻挫、股関節打撲傷の傷害を負ってしまいました。

しかし、事故後ほどなくして、精巣に強い痛みを感じ、病院で診察を受けたところ、さらに精巣挫傷と診断され、精巣の手術を余儀なくされました。幸い、手術は成功し、後遺症が残ることはありませんでした。

治療終了後、Aさんは保険会社から賠償額の提示を受けましたが、賠償額が適切か不安に思い、弁護士に相談しました。

 

弁護士の関わり

弁護士が、保険会社提示額を検討したところ、傷害慰謝料は任意保険基準で提示されており、低く抑えられていました。

そこで、弁護士は、傷害慰謝料の増額を求める方針をとることにしました。

ここで、傷害慰謝料の裁判基準には、むちうち症で他覚所見がない場合等に用いられる基準(「赤い本」別表Ⅱの基準)と、それ以外の傷害の場合に用いられる基準(「赤い本」別表Ⅰの基準)の2つの基準があります。詳しくはこちらをご覧ください。

解説図

Aさんの負ったケガのうち、頸椎捻挫、股関節打撲傷については、別表Ⅱで算定されることの多いケガです。一方、精巣挫傷については、別表Ⅰを基準に算定されることの多いケガといえます。

Aさんは、精巣挫傷の手術で1週間入院したものの、それ以外の通院は、ほとんどが頸椎捻挫と股関節打撲傷についての通院でした。そうすると、別表Ⅱの低い基準に基づいて賠償額を算定される可能性があります。

そこで、弁護士は、20代のAさんにとって精巣の手術を行うことは、精神的な苦痛が大きいことなどを主張し、あくまで別表Ⅰを基準に慰謝料額を算定するよう交渉しました。

その結果、Aさんについては、頸椎捻挫と股関節打撲傷の治療のための通院も含む、すべての入通院期間を別表Ⅰに基づいて賠償額を算定してもらうことができ、傷害慰謝料は、保険会社提示額より40万円の増額に成功しました。

また、弁護士は、早期解決を目指すこととし、Aさんが相談に訪れてからわずか1か月で示談することができました。

 

補足

本文でも述べたとおり、傷害慰謝料の裁判基準には、別表Ⅰと別表Ⅱの2つの基準があります。

傷害慰謝料は入院・通院の期間によって算定されますが、同じ入院・通院の期間であっても、別表Ⅰに当てはめるか、別表Ⅱに当てはめるかで、賠償額は異なることになります。詳しくはこちらをご覧ください。

別表Ⅱは、むちうち症で他覚所見がない場合等に用いられる基準で、別表Ⅰはそれ以外のケガの場合に適用される表です。別表Ⅱは他覚所見(患者以外の人が客観的にとらえることのできる症状)がない場合なので、別表Ⅰよりも賠償額が低くなる傾向にあります。

Aさんのように、別表Ⅰで評価されるケガと別表Ⅱで評価されるケガの両方がある場合、どちらの基準を用いて賠償額を算定するかが問題となります。

保険会社が、示談の際に、このような基準の違いを説明してくれることはありません。保険会社から提示される賠償額は、低い基準を用いて算定されたものである可能性が高いことから、安易に示談に応じるのはやめるべきです。

ご自身で示談される前に、示談内容を専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。

相談方法についてはこちらをご覧下さい。

 

 

その他、受傷部位が『下肢(足・足指)』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約