解決事例

親子で交通事故にあい、弁護士によるサポートによりともに後遺障害の認定を得られた母Qさん(60代、主婦)の事例


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。
なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

ご相談者Qさん
(福岡県福津市)


受傷部位首(外傷性頚部症候群)、腰(腰椎捻挫)
等級併合14級(首痛、両手のシビレ 14級9号、腰痛 14級9号)
ご依頼後取得した金額
300万円(自賠責保険含む)

内訳


損害項目 弁護士によるサポート結果
休業損害 45万円
傷害慰謝料 83万円
後遺障害慰謝料 100万円(14級、裁判基準90%)
後遺障害逸失利益 78万円(賃金センサス × 5% × 5年、裁判基準)
結果 300万円(自賠責保険含む)

 

状況

解説図Qさんは、息子さんが運転していた車に同乗中に交通事故にあいました。右折待ちで停止していたところに、後続車が追突してきたという追突事故でした。

Qさんは、事故の当日に整形外科を受診し、骨折はないということで、外傷性頚部症候群、腰椎捻挫と診断されました。初診の病院が事故現場のすぐ近くでしたが、Qさんの自宅からは距離があるということで、交通事故から2週間ほどで近くの整形外科へ転院して通院を継続していました。

Qさんの息子さんが弁護士費用特約に加入していたこともあり、交通事故後1か月ほど経ったところで、Qさんもデイライト法律事務所の弁護士のもとへ相談に来られました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、Qさんと息子さんから交通事故の内容と修理費の金額、現在の症状を伺いました。

ご相談の時点ではまだ交通事故から1か月ほどで特に相手方の任意保険会社からも連絡が入っているわけではないということでしたので、ご依頼いただいた上で、相手方には特に連絡をせずに、Qさんに通院の頻度やMRI検査の受診などのアドバイスを行って、サポートをしました。

交通事故から6か月ほど経過する段階で、保険会社の方から治療の終了時期についての連絡が入り始めたため、その段階で弁護士が受任通知を送付し、それ以降は弁護士が保険会社の窓口となってやりとりを行うようになりました。

解説図そして、Qさんには依然として、首の痛みと両手のシビレ、腰の痛みが残っているということだったので、主治医に弁護士から手紙を書いて、後遺障害診断書を作成してもらい、被害者請求を弁護士の方で行いました。

その結果、症状が受診時から一貫していることなどを理由に、首と腰でそれぞれ14級9号が認定されました。

自賠責保険での結果を踏まえて、弁護士は相手方の保険会社と示談交渉を開始しました。

当初、保険会社は、慰謝料は裁判基準の80%、逸失利益も3年間という回答でしたが、Qさんは、後遺障害診断書上、病的反射の異常といった所見が検査で見られるという記載があり、こうした他覚的な所見が存在する事案で、3年間という逸失利益は短すぎると主張しました。

数度の交渉を経て、最終的には、慰謝料は90%という回答でしたが、逸失利益を5年間補償してもらうということになり、Qさんも裁判までは望んでいなかったため、示談を成立させました。

結果として、Qさんには300万円の賠償金が支払われることになりました。

 

補足

交通事故にあうというのは、人生で1度あるかどうかのことです。したがって、交通事故にあった方の多くは、事故にあった直後から今後のことについて、不安をもっておられます。

Qさんも、交通事故に関してはわからないことが多すぎて、すぐに弁護士に相談したことで、適切な治療を受け、後遺障害が適切に認定され、適切な賠償額を補償してもらうことができました。

弁護士に相談するタイミングは、早いにこしたことはありません。福岡で交通事故の問題にお困りの方は、お気軽にデイライト法律事務所の弁護士にご相談ください。

Qさんと同じ交通事故にあった息子さんの事例はこちらをご覧ください。

 

 

その他、受傷部位が『首』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約