解決事例

むちうちで後遺障害の認定を受け、保険会社の提示額から2倍以上増額したBさん(40代会社員)の事例

ご相談者Bさん
(佐賀県鳥栖市)


受傷部位首(外傷性頸部症候群)、腰(腰部挫傷)
等級併合14級
ご依頼後取得した金額
約289万円(約2倍)

内訳


損害項目 保険会社提示額 弁護士介入後
傷害慰謝料 60万円 109万円裁判基準 通院9か月)
後遺障害慰謝料 75万円(自賠責限度額) 110万円(14級 裁判基準
後遺障害逸失利益 約70万円(5年間分)
結果 約160万円増額

状況

Bさんは、渋滞した道路で停止中に、後続車両からノーブレーキで衝突される事故に遭いました。Bさんはこの事故で、外傷性頸部症候群(いわゆるむちうち)、腰部挫傷のけがを負いました。車も走行不能な状態になっていました。

Bさんは、事故後間もなく、首の痛みと腰の痛み、頭痛の症状が続き、治療を続けました。また、事故直後から利き腕である右手のしびれが生じ、痛み止めの薬を飲んでもなかなか改善しませんでした。右腕に関しては、事故前に比べ握力もかなり低下してしまい、仕事に支障を来す状況でした。

その後、Bさんは9か月弱治療を続けましたが、しびれと筋力の低下が改善しなかったため、後遺障害申請を行い、頸部(首)、腰部ともに14級9号の認定を受けました。

認定後、保険会社の提示額が妥当かどうかわからなかったBさんは弁護士に相談しました。

 

弁護士の関わり

保険会社の提示額を検討したところ、とりわけ後遺障害に関しては、自賠責保険の限度額である75万円の提示しかなされていなかったため、裁判基準から大幅に下回った提示でした。そこで、Bさんにその旨を説明し、依頼後は相手方保険会社と裁判基準での交渉を行いました。

当初、保険会社は、「示談だから、裁判基準の8割で」と交渉をしてきましたが、あくまで裁判基準での解決を提案し、Bさんが弁護士費用特約に加入していたこともあり、裁判も辞さない姿勢を示して交渉を続けました。その結果、けがの慰謝料(傷害慰謝料)も含め、すべて裁判基準での解決を図ることができました。

 

補足

今回のBさんのように、むちうちでもしびれなどの神経症状が生じている場合、後遺障害が認定されることがあります。詳しくはこちら(むちうちの後遺障害)をご覧ください。

むちうちにより14級9号が認定された場合の逸失利益の労働能力喪失期間は5年程度が一般的です。もっとも。事案によっては、5年以上認められるケースもあります。

 

 

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。

その他、受傷部位が『首』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら