解決事例

後遺障害非該当から弁護士による異議申立てにより14級が認められた事例


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。
なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

ご相談者Yさん
(福岡市博多区)


受傷部位首(頸椎捻挫)、胸(胸椎捻挫)
等級併合14級(頚部痛14級9号、腰部痛14級9号)
ご依頼後取得した金額
350万円(自賠責保険金を含む)

内訳


損害項目 弁護士によるサポート結果
傷害慰謝料 90万円
休業損害 70万円
後遺障害慰謝料 110万円(裁判基準14級)
後遺障害逸失利益 80万円(賃金センサス×5%×5年、裁判基準)
結果 150万円(自賠責保険金を含む)

 

状況

解説図Yさんは、片側1車線の道路で、横断歩道の手前で、前を走行していた車が停止したので、停止をしたところに、後続から前方不注意で走行してきた車に追突される交通事故にあいました。この交通事故で、Yさんの乗っていた車は修理費に70万円も要するほど大破しました。

Yさんはその日のうちに救急病院を受診し、レントゲン検査の結果、骨には異常がないということで、頚椎捻挫、腰椎捻挫と診断されました。

その後、Yさんは、自宅近くの整形外科に転院して、治療を行うようになりました。事故直後からかなり強い痛みがあり、Yさんは定期的な通院を行い、痛みが激しいときには痛み止めの注射を打ってもらうなどしていました。

Yさんは、交通事故にあった車の保険に弁護士費用特約をつけていたので、今後の治療や賠償のことが不安になり、交通事故に詳しい弁護士に相談しようと思い、デイライト法律事務所の弁護士に相談に来られました。

 

弁護士の関わり

解説図弁護士は、Yさんから事故の状況と現在の症状の内容をうかがうとともに、治療を開始してそれほどまだ時間が経っていなかったので、事故にあってから解決するまでの流れやその中で相手方の保険会社とどのようなやり取りが起こりうるかについて、具体的にお話しアドバイスをしました。

そして、事故の内容が比較的大きかったことやYさんが弁護士費用特約に加入していたことからすぐに弁護士が依頼を受け、相手方の保険会社とのやり取りを治療中からYさんにかわって行いました。

交通事故から、6か月ほど経過したところで、主治医の先生からそろそろ症状固定という話がありました。Yさんとしては、痛みがまだ残っていたものの、大幅な改善も見込めない状況に至っていたため、弁護士と相談の上、後遺障害の手続を行う方向で進めることにしました。

そこで、弁護士は、Yさんの主治医に後遺障害診断書を作成してもらい、相手方の保険会社から診断書や明細書、車の損壊状況の写真を添付して、自賠責保険に後遺障害の申請を行いました。

ところが、1度目の自賠責保険の結果は、後遺障害には該当しないということで非該当になってしまいました。

弁護士としては、事故態様やYさんのそれまでの通院状況からすれば、むちうち症状で14級が認められるべき事案であると考えていました。実際、Yさんは症状固定と診断された後も健康保険を使用して、通院を継続している状況でした。

そのため、弁護士は、Yさんが通院していた病院からカルテの開示を受け、Yさんの症状が記載されている箇所を丹念にチェックしました。そして、それをもとに異議申立書を作成し、症状固定後の通院資料として、病院の領収書と明細書も追加の証拠として、再度自賠責保険へ申請を行いました(異議申立て)。

その結果、1度目の申請では非該当との判断がなされていましたが、「症状の一貫性が認められる」として、頚部痛、腰部痛それぞれに、「局部に神経症状を残すもの」として14級9号の認定が出されました。

異議申立ての結果を受けて、最終的に相手方の保険会社と示談交渉を行いました。このときには、主婦として休業損害や後遺障害逸失利益を弁護士が算出して交渉し、相手方保険会社も後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益を裁判基準どおり補償してくれるという内容で示談が成立しました。

休業損害についても、後遺障害が認定されたことも踏まえ、70万円の補償がなされました。最終的に、Yさんは自賠責保険も含めて350万円の補償を得ることができました。

 

補足

今回のYさんのように、1度後遺障害が認められなくても、再度異議申立てを行うことで、等級が変更されることがあります。

ただし、異議申立てにより結果が変わるのはおおむね5%程度と言われており、決して簡単なことではありません。

今回は、弁護士が事故当初からYさんの通院状況や症状を把握し、事故の大きさなどをきちんとチェックできていたために、14級が認められる可能性が十分にあると判断できたことがポイントでした。異議申立ての審査期間は1度目の申請よりも長くなる傾向にあり、適切な見通しが立てられないといたずらに時間がかかるだけになりかねません。

また、今回の事案で、異議申立てが認められなかったとすれば、Yさんの補償は傷害慰謝料の90万円と休業損害の70万円で160万円の補償にとどまっていました。

最終的な結果が350万円ですので、190万円もの差が生じたことになります。Yさんがこのことを知って、本当に適切な補償がされてよかったとおっしゃっていたのが担当した弁護士として、とても嬉しいお言葉でした。

デイライト法律事務所の異議申立ての事案は、こちらもご覧ください。

 

 

その他、受傷部位が『上肢(肩・腕・手)』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約