死亡事故における慰謝料はいくらになる?-弁護士が解説-


死亡事故における慰謝料は、算定する際に、3つの基準(自賠責保険基準、任意保険会社基準、裁判基準)のうち、どの基準をベースにするかによって、金額が大きく変わってきます。

 

死亡事故における慰謝料とは?

慰謝料死亡したことによる精神的な苦痛を補償するのが死亡慰謝料です。死亡慰謝料には、交通事故にあった本人の慰謝料と近親者の慰謝料があります。

死亡事故における慰謝料はいくらになる?

今回は、夫と妻、子ども2人で有職者の夫が交通事故により死亡した場合を想定して、
①自賠責保険の基準、②裁判基準の2つのベースで慰謝料を計算してみます。

①自賠責保険の基準で慰謝料を計算した場合

自賠責保険の基準の慰謝料は以下のとおりとなっています。

本人の慰謝料 350万円
近親者(両親、配偶者、子)の慰謝料 1人 550万円
2人 650万円
3人 750万円
扶養者がいる場合 +200万円

電卓したがって、今回のケース(夫と妻、子ども2人で有職者の夫が交通事故により死亡した場合)では、自賠責保険基準での慰謝料は、
350万円+750万円+200万円=1300万円となります。

②裁判基準で慰謝料を計算した場合

他方で、裁判基準の慰謝料は、以下の金額が目安とされています。

一家の支柱 2800万円
母親、配偶者 2500万円
その他 2000万円〜2500万円

この金額には近親者慰謝料も含まれてのものです。

先ほどのケースで夫が死亡した場合、裁判基準での慰謝料の目安は 2800万円となります。

 

③まとめ

自賠責保険基準で算定した場合の慰謝料:1300万円

裁判基準で算定した場合の慰謝料:2800万円

2800万円 ー 1300万円
= 同じ死亡事故でも「1500万円の差」が生じる

「自賠責保険の基準」と「裁判基準」の説明については、こちらをご覧ください(「死亡事故の賠償項目」)

 

死亡事故の賠償項目

 死亡慰謝料

 死亡逸失利益

 葬儀費用

 近親者交通費

 近親者休業損害



死亡事故における慰謝料関連Q&A



なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約