約6000万円(保険会社提示額の約2倍)で和解した事例

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。
また、事例を題材とすることについては、ご本人様のご了承を得たうえで掲載させていただいております。
なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。


・被害者は自転車で青信号に従い横断歩道を直進していたところ、加害車両が右折する際、右後方の被害者に気づかず、巻き込んで被害者を転倒させた上、自車右後輪でれき過し、死亡させた。

・被害者には両親がおり、被害者損害賠償請求権を相続した。

・加害者(保険会社)は、被害者両親に1000万円を保険金として支払ったが、被害者に過失があったと主張した。

・当事務所が受任し、相手方保険会社と交渉したが、それでも保険会社の提示額は、約3000万円であった。

・被害者両親の無念を晴らしたいとの意向を受け、訴訟を提起し、過失割合等を争ったところ、総額約6000万円を受領するという内容で和解が成立いたしました。

 

 

事例一覧


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約