後遺症慰謝料を請求したい


後遺症慰謝料とは

痛む女性後遺症慰謝料とは、後遺症が残ってしまったことに対する精神的な苦痛を補償するために認められているものです。

自賠責保険において、後遺障害と認定され、等級がついたものに対して、後遺症慰謝料が認められるのが原則です。

後遺症慰謝料は上記のとおり、後遺症が残ったことに対する慰謝料ですので、交通事故により通院を余儀なくされたことに対する慰謝料である傷害慰謝料とは性質の異なる慰謝料になります。つまり、後遺障害が認定された事案であれば、傷害慰謝料と後遺症慰謝料の2種類の慰謝料が補償されることになります。

 

 

自賠責保険基準の後遺症慰謝料

自賠責保険の基準で定められている後遺症慰謝料は以下のとおりです。

等級 1級 2級 3級 4級 5級 6級 7級
金額 1100万円 958万円 829万円 712万円 599万円 498万円 409万円
等級 8級 9級 10級 11級 12級 13級 14級
金額 324万円 245万円 187万円 135万円 93万円 57万円 32万円

 

 

裁判基準の後遺症慰謝料

裁判基準の後遺症慰謝料は以下のとおりです。

等級 1級 2級 3級 4級 5級 6級 7級
金額 2800万円 2370万円 1990万円 1670万円 1400万円 1180万円 1000万円
等級 8級 9級 10級 11級 12級 13級 14級
金額 830万円 690万円 550万円 420万円 290万円 180万円 110万円


この基準はあくまで目安であり、具体的な後遺障害の内容によって増減しますが、自賠責保険の基準と裁判基準の慰謝料は、各等級で大きく異なっていることがわかります。

3つの基準図

裁判基準 自賠責保険基準 裁判基準と自賠責保険基準の差額
1級 2800万円 1100万円 1700万円
2級 2370万円 958万円 1412万円
3級 1990万円 829万円 1161万円
4級 1670万円 712万円 958万円
5級 1400万円 599万円 801万円
6級 1180万円 498万円 682万円
7級 1000万円 409万円 591万円
8級 830万円 324万円 506万円
9級 690万円 245万円 445万円
10級 550万円 187万円 363万円
11級 420万円 135万円 285万円
12級 290万円 93万円 197万円
13級 180万円 57万円 123万円
14級 110万円 32万円 78万円

弁護士鈴木啓太したがって、この差を適切に補償してもらうためには、交通事故を専門的に取り扱う弁護士によるサポートが必要です。

後遺症慰謝料に関する当事務所の弁護士による解決事例はこちら、「手術痕が残ったことを踏まえて慰謝料を増額することができたLさん(20代会社員)の事例」をご覧ください。