弁護士 小原隆寛


 

交通事故問題に対するスタンス

交通事故は、何ら罪のない人を突如として襲うものです。

交通事故に遭うのは初めてという方も多いでしょう。したがって、保険会社や加害者とのやり取りの仕方がわからないというのは当然のことです。

一方、保険会社は、交通事故事件を数多く扱い、経験を蓄積しています。そのような保険会社から賠償額を提示されれば「そんなものか」と思って示談に応じてしまうのも無理はありません。

 

しかし、保険会社から提示される賠償額は、裁判で認められる賠償額からすると、低額にとどまるものがほとんどです。そのまま示談に応じてしまうと、被害者が適切な賠償を受けられないままとなってしまいます。

また、まだ通院が必要であるにもかかわらず、保険会社から一方的に治療費を打ち切られるということもあります。

そんなとき、我々のように交通事故に特化した弁護士を活用していただきたいと思います。

私は、交通事故事件を専門分野として取扱い、日々経験や知識を蓄積しています。交通事故事件は、単に法律的な知識だけでなく、後遺障害など医療分野の知識も必要となってきますので、交通事故を専門分野とする弁護士に依頼すべきです。

 

当事務所の事務所理念は、「誰よりもクライアントに寄り添い、すべてのクライアントを幸福へと導く」です。私も、数多くの交通事故事件を担当していますが、依頼者の方にとってはその事件がすべてです。

 

「数ある事件の一つ」という考え方ではなく、当事務所の理念に基づき、一つ一つの事件に真摯に向き合い、クライアントに寄り添って事件解決を目指すよう心がけておりますので、交通事故にお悩みの方は、ぜひご相談ください。

 

その他

その他の情報についてはこちらからどうぞ。

syougai_in5

 

 






弁護士等紹介