後遺障害の等級認定を強力にサポート


5tunoriyuu_03b
syougai_in2弁護士事務所に交通事故のご相談をした際、「症状が固定(※)されてから、またいらして下さい」というように症状が固定される前の依頼は断られる場合があります。
※症状固定とは、医学上一般に認められた医療を行っても、その医療効果が期待できなくなった状態をいいます。

このような対応をするのは、症状が固定しないと、そもそも被害者の損害が確定せず、加害者に対して損害賠償請求ができないからです。

確かに、症状固定後であれば、すぐに損害額を算出して賠償請求が可能ですので、このような対応を行うのは弁護士にとって楽です。

しかし、適切な賠償金額を支払ってもらうには、主治医に適切な後遺障害診断書を書いてもらうことがとても重要です。

すなわち、後遺障害はその障害の軽重に応じて14級(最も軽い)から1級(最も重い)までの等級に分けられています。そして、後遺障害の等級が1級に近いほど、賠償金は高額となってくるのです。

例えば、後遺障害の等級が1級の場合、後遺症の慰謝料は、裁判基準で2800万円程度ですが、14級の場合、110万円程度となります。

また、後遺症が認められなかった(等級認定がなされない)場合は後遺症の慰謝料は0円となります。

このように後遺障害の認定の有無、認定の等級しだいで賠償金額は大きく異なってくるのです。

そこで、当事務所では、福岡の交通事故被害者の方の真の救済のために、症状固定前からどのようにすれば適切な後遺障害認定を受けることができるかについて、強力にサポートしています。

具体的には、後遺診断書の作成前に、依頼者の主治医に連絡を取ります。

相談会そして、担当医から被害者の症状について説明を受け、それを踏まえて、その担当医に対して、強調して欲しい点や、詳しく記載して欲しい点等について、弁護士から説明します。

また、等級表の記載事項や過去の認定事例を踏まえて、必要があれば、特記事項として記載してもらったり、担当医の記載事項を弁護士がチェックしたりするなどして、適正な後遺障害診断書が作成されるように被害者をサポートしています。

皆様の後遺障害の等級認定は、私たちにおまかせください。

 

 

デイライト法律事務所が選ばれる5つの理由
交通事故に精通した専門チームが対応
自己負担金実質0円(完全報酬制)
後遺症の等級認定を強力にサポート
きめ細やかな配慮と充実したサービス
医師との連携
お客様の声