よくある相談Q&A

知人が飲酒運転で事故を起こしました。共に酒を飲んだ私にも責任があるのでしょうか?



共同不法行為者(民法719条1項)または幇助者(民法719条2項)として責任が追及される場合があります。

 

飲酒運転への社会的非難の強まり

現在は、飲酒運転に対する社会的な非難が強くなっています。
このような背景から、加害運転手と一緒にお酒を飲んだ人、すすめた人にも損害賠償請求がされるようになりました。

 

責任が追及される場合

加害運転手と一緒にお酒を飲んでいたまたはすすめた人が共同不法行為者、幇助者として責任をされる理由は、加害運転手の飲酒を制止すべき注意義務を怠ったと評価される場合です。

 

飲酒を制止すべき注意義務

飲酒を制止すべき注意義務の発生する場合は

 

1.加害運転手が飲酒後自動車を運転することを知っていた
2.一緒に飲酒をした時間と飲酒の量
3.加害運転手が酒に酔い、まともに運転できないと分かっていた
4.加害運転手との人的関係性
5.加害運転手の運転する車への同乗の有無といきさつ

などから判断します。

 

共に飲酒をした人が同乗した場合

1.飲酒を制止すべき注意義務ありとした裁判例

飲酒運転1)最判S43.4.26
(2)大阪地判H12.11.21
(3)東京地八王子支H15.5.8
(4)仙台地判H19.10.31
理由として
・加害運転手が飲酒後自動車を運転することを知っていていながら酒をすすめた
・加害運転手が酒に酔い、まともに運転できないと分かっていたのに運転を止めなかった
・加害運転手との人的関係性(元上司)を利用した自宅へ送らせた
・自宅や宿泊先へ送迎させた、または依頼した

 

 

2.反対に飲酒をした者の飲酒を制止すべき注意義務を否定した裁判例があります

(1)京都地判S61.1.30
(2)東京地判H18.2.22
・加害運転手が飲酒後自動車を運転することをわかる状況ではなかった
・酒を提供したり積極的にすすめたりしたわけではない
・同乗は運転手から進めたまたは同乗者の自宅まで送るよう頼んでいない
・運転手に酔っぱらった様子はなかった

 

共に飲酒をした人が同乗していない場合

1.同所していなくても飲酒を制止すべき注意義務ありとしました。

福島地判S51.2.6
・加害運転手が飲酒後自動車を運転することを知っていた
・加害運転手が酒に酔ったのを知っていながら、はしご酒にさらに付き合った
という理由から共同不行為者または幇助者の責任を認めました。

 

2.責任を否定したのは以下の例でした

(1)東京地判H16.2.26バーテンダーの例
バーテンダーが事故の発生を予見できたと言えない
(2)東京地判H16.3.29加害運転手より先に帰宅した運転手同僚の例
先に帰宅した同僚は、運転手が自動車を運転する認識はなかった

 

共に飲酒をした人が責任追及されるかさらに具体的な判断が必要になります。ここで上げた事例は例示にすぎません、自己判断をせず、法律の専門家である弁護士へご相談ください。

 

 

関連Q&A

 

 

『賠償金』についてよくある相談Q&A一覧