よくある相談Q&A

サンキュー事故に遭いました。過失割合はどうなりますか?



執筆者:弁護士鈴木啓太

サンキュー事故については、交通事故の当事者の運転していたのが自動車かバイクか自転車か、事故の場所などで過失割合が変わります。

弁護士小原隆寛主な類型を以下にまとめましたので参考にして下さい。

サンキュー事故の場合の過失割合について、以下で詳しく解説いたします。

 

サンキュー事故とは?

サンキュー事故とは、交差点や渋滞中の道路で、右折車に進路を譲った直進車の左側をすり抜けてきた二輪車や自転車と右折車が出合い頭衝突する事故です。

好意で右折車に進路を譲った直進車に、右折車の運転手が「ありがとう」と感謝することから「サンキュー事故」と呼ばれます。

 

 

サンキュー事故の過失割合は?

まず、バイクと自動車との間の交通事故の過失割合についてご説明いたします。

バイクと自動車の事故

①信号機により交通整理の行われている交差点

【バイク直進・自動車右折】 バイク 自動車
 バイク・自動車ともに青信号 15 ]85
 バイク黄色・自動車青信号 ]60 ]40
 バイク・自動車ともに黄信号 ]30 ]70
 バイク・自動車ともに赤信号 ]40 ]60
 バイク赤色・自動車青信号 ]80 ]20
 バイク赤色・自動車黄信号 ]60 ]40
 バイク赤色・自動車青矢印信号 ]100 ]0

「自動車青→赤」とは、交差点への進入が青信号のときで実際に右折を開始したのが赤信号になってからという意味です。

右折の準備は、青信号の時点でできていたものの直進車の流れを待って、右折したのは赤信号になってから行うというケースを想定しています。

上記を基本過失として、以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

バイクの過失に加算される修正要素
バイクの速度超過、自動車既右折、道交法50条違反の交差点進入、バイクのその他の著しい過失・重過失
バイクの過失に減算される修正要素
自動車徐行なし、自動車直近右折、自動車合図なし、自動車早回り右折・大回り右折、自動車その他の著しい過失・重過失

②信号機による交通整理が行われていない交差点

バイク直進・自動車右折のサンキュー事故の画像バイク直進・自動車右折の交通事故で信号機がない交差点の過失割合は、以下のとおり設定されています。

以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

バイク 自動車
基本過失割合 15 85

信号機のある交差点の交通事故と同じく、以下のような事情がある場合には、過失割合は修正される可能性があります。

バイクの過失に加算される修正要素
バイクの著しい前方不注視、15キロ以上の速度超過、バイクのその他の著しい過失・重過失
バイクの過失に減算される修正要素
自動車の徐行なし、自動車の合図なし、右折禁止場所、直近右折、早回り右折など

 

渋滞中の車両間事故

渋滞中のバイク直進・自動車右折または直進の衝突事故

サンキュー事故は渋滞中の道路をバイクが抜けようと直進しているときにも起こりやすいです。

こうした渋滞道路の場合の交通事故の過失は以下のようになっています。

 

バイク 自動車
基本過失割合 30 70

バイクとしても渋滞の間を通って交差点に進入してくる自動車がいるであろうということを予測できるというのがこの過失割合が設定されている根本の考え方になっています。

その上で、以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

バイクの過失に加算される修正要素
バイクの著しい前方不注視、バイクのその他の著しい過失・重過失
バイクの過失に減算される修正要素
交差点でない場合
※交差点でない場合とは、ガソリンスタンドやコンビニへ入るための右折が該当します。
この場合、交差点の場合に比べ、バイクの方に自動車が横切ることを予見するのが難しいと考えられているため、過失が少し少なくなります。

なお、渋滞がない場合の路外右折車との交通事故は、次で説明いたします。

 

自動車が道路外へ出るため右折する場合

バイク直進、自動車右折の衝突事故。

バイク直進、自動車右折の衝突事故。道路外へ出るためとは、コンビニやガソリンスタンドなどへ出入りするため車のことです。

こうした交通事故の基本的な過失割合は以下のように設定されています。

バイク 自動車
基本過失割合 10 90

また、以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

バイクの過失に加算される修正要素
自動車既右折、バイク速度違反、バイクのその他の著しい過失・重過失
バイクの過失に減算される修正要素
自動車徐行なし、幹線道路、自動車合図なし、自動車その他の著しい過失・重過失

 

 

自転車と自動車・バイクとの事故

同一道路を対向方向から進入した場合

①信号機により交通整理の行われている交差点

【自転車直進、自動車・バイク右折】 自転車 自動車・バイク
 自転車、自動車・バイクともに青信号 10 ]90
 自転車黄色、自動車・バイク青信号 ]40 ]60
 自転車・自動車・バイクともに黄信号 ]20 ]80
 自転車、自動車・バイクともに赤信号 ]30 ]70
 自転車赤色、自動車・バイク青信号 ]70 ]30
 自転車赤色、自動車・バイク黄信号 ]50 ]50
 自転車赤色、自動車・バイク青矢印信号 ]80 ]20

このように、基本的には交差点に進入したときの信号機の色によって、それぞれ過失が変わってきます。

また、以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

自動車の過失に加算される修正要素
自動車既右折、バイク速度違反、バイクのその他の著しい過失・重過失
自転車の過失に減算される修正要素
自動車徐行なし、幹線道路、自動車合図なし、自動車その他の著しい過失・重過失

②信号機により交通整理の行われていない交差点での事故 

自転車直進、自動車・バイク右折の事故一方で信号機のない交差点の場合には、自転車と自動車、バイクの交通事故における過失割合は下図のとおりになっています。

自転車 自動車・バイク
基本過失割合 10 90

この基本の過失割合から、以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

自転車の過失に加算される修正要素
自動車・バイク既右折、自転車のその他の著しい過失・重過失
自転車の過失に減算される修正要素
自転車児童・高齢者、右折禁止、自動車・バイク徐行なし、自動車・バイク直近右折、自動車・バイク合図なし
自動車・バイク早回り右折・大回り右折、自動車・バイクの自転車横断帯通行、自動車・バイクその他の著しい過失・重過失

 

自転車とバイク・自動車が、同一道路を同一方向から進入した場合

①信号機により交通整理の行われている交差点

先ほどの事例では、反対車線を走行している交通事故のときに適用されるものですが、自転車の場合には、同一方向に進行している場合でも自転車が直進、自動車やバイクが右折という形で交通事故が起こることがあります。

その際の過失割合は下図のようになっています。

【自転車直進、自動車・バイク右折】 自転車 自動車・バイク
 自転車、自動車・バイクともに青信号 15 ]85
 自転車黄色、自動車・バイク青信号 ]45 ]55
 自転車、自動車・バイクともに黄信号 ]35 ]65
 自転車、自動車・バイクともに赤信号 ]35 ]65
 自転車赤色、自動車・バイク青
または黄信号で進入後、赤信号
または
75
]25
 自転車赤色、自動車・バイク青矢印信号 ]85 ]15

この割合を基本として、以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

自転車の過失に加算される修正要素
自動車・バイク既右折、自転車のその他の著しい過失・重過失
自転車の過失に減算される修正要素
自転車児童・高齢者、右折禁止、自動車・バイク徐行なし、自動車・バイク直近右折、自動車・バイク合図なし
自動車・バイク早回り右折・大回り右折、自動車・バイクの自転車横断帯通行、自動車・バイクその他の著しい過失・重過失

②信号機により交通整理の行われていない交差点

自転車直進、自動車・バイク右折の事故【自転車直進、自動車・バイク右折の交通事故】

信号機がない場所の場合には、このような過失割合が基本となります。

自転車 自動車・バイク
基本過失割合 15 85

その上で、以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

自転車の過失に加算される修正要素
自動車・バイク既右折、自転車のその他の著しい過失・重過失
自転車の過失に減算される修正要素
自転車児童・高齢者、自動車・バイク右折禁止、自動車・バイク徐行なし
自動車・バイク直近右折、自動車・バイク合図なし、自動車・バイク早回り右折・大回り右折
自動車・バイクの自転車横断帯通行、自動車・バイクの自転車横断歩道通行、自動車・バイクのその他の著しい過失・重過失

 

自動車・バイクが道路外へ出るため右折する場合

自転車直進・自動車・バイク右折の事故【自転車直進・自動車・バイク右折の事故】

最後に、自転車と自動車、バイクの路外へ出るための右折との間の交通事故はこのように過失が設定されています。

自転車 自動車・バイク
基本過失割合 15 85

この基本過失が、以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

自転車の過失に加算される修正要素
自動車・バイク既右折、自転車のその他の著しい過失・重過失
自転車の過失に減算される修正要素
自転車児童・高齢者、自動車・バイク徐行なし、幹線道路、自動車・バイク合図なし、自動車・バイクのその他の著しい過失・重過失

 

上記の過失割合は、あくまで目安です。
過失割合は最終的には、当該事故のすべての事情を総合して判断されることになるので、上記割合と異なる割合になることもあります。

 

 


『過失割合』についてよくある相談Q&A一覧


賠償金無料算定サービス


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約