よくある相談Q&A

「左方優先」とはどういうものですか?



バイク事故のイメージイラスト信号機のある交差点では、交差点に進入した際の双方の信号の色によって、過失割合が決定されることになります。

他方で、信号機がなく、明確に優先関係が決まっていない十字路交差点では、左側から十字路交差点に進入する車両が優先となります。

これを、「左方優先」といいます(道路交通法36条1項)。

したがって、直進車同士の出会い頭の衝突事故の場合、左側から走行してきた車両の方が過失は小さくなるのが原則です。

ただし、双方の交差点の道幅が明らかに違って、一方が優先道路となっている場合や一時停止線のある交差点では、過失割合は下の図とは別のものになります。

 

同幅員の交差点の場合

1.自動車同士の交通事故基本過失

信号機によって交通整理のされていない交差点での出合い頭の衝突事故です。

左方車 右方車
左方車・右方車同速度 40 60
左方車減速なし
右方車減速
60 40
左方車減速
右方車減速なし
20 80

以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

左方車の過失に加算される修正要素
左方車が大型車・左方車に著しい過失、重過失がある場合

左方車の過失に減算される修正要素
見通しのきく交差点、夜間、右方車が大型車、右方車に著しい過失、重過失がある場合

 

2.バイクと自動車との交通事故の基本過失

次に、信号機によって交通整理のされていない交差点でのバイクと自動車の出合い頭の衝突事故の場合には、バイクが左側を走行していたか、右側を走行していたかで2つのパターンに分けて過失割合が設定されています。

(1)左方車(バイク)右方車(自動車)の場合

左方車(バイク)右方車(自動車)の場合

左方車(バイク) 右方車(自動車)
左方車・右方車同速度 30 70
左方車減速なし
右方車減速
60 40
左方車減速
右方車減速なし
20 80

以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

バイクの過失に加算される修正要素
バイクに著しい過失、重過失がある場合バイクの過失に減算される修正要素
見通しのきく交差点、夜間、自動車に著しい過失、重過失がある場合

 

(2)左方車(自動車)・右方車(バイク)の場合



左方車(四輪車) 右方車(バイク)
左方車・右方車同速度 50 50
左方車減速なし
右方車減速
35 65
左方車減速
右方車減速なし
60 40

以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

バイクの過失を加算する修正要素
見通しのきく交差点、夜間、バイクのその他の著しい過失、重過失がある場合バイクの過失に減算される修正要素
自動車に著しい過失、重過失がある場合

 

3.自転車と自動車・バイクとの交通事故

自転車と自動車・バイクとの交通事故
信号機によって交通整理のされていない交差点での左方車自転車と右方車自動車・バイクの場合の出合い頭の衝突事故です。

左方車(自動車) 右方車(自動車・バイク)
基本過失割合 20 80

以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

自転車の過失に加算される修正要素
夜間、自転車右側通行・左方から進入、自転車に著しい過失、重過失ある場合

自転車の過失に減算される修正要素
自転車が児童・高齢者、自転車の自転車横断帯通行、自転車の横断歩道通行、自動車・バイクに著しい過失、重過失がある場合

 

交通事故の過失割合を当法律事務所の交通事故専門弁護士に依頼するメリット

適切な過失割合になるように弁護士が示談交渉をサポート

上記の過失割合は、あくまで目安です。

したがって、実際の交通事故の過失割合は、当該交通事故のすべての事情を総合して判断されることになるので、上記割合とは異なる割合になることもあります。

ただし、被害者の方が保険会社の担当者と過失割合を巡って、示談交渉をするのは非常に大変です。

単に、自らの経験を話すだけでは平行線になりますので、実況見分調書やドライブレコーダーの映像などの客観的な証拠に基づいて自己の主張をしなければなりません。

そのためには、交通事故を専門とする弁護士の力が必要です。福岡のデイライト法律事務所では交通事故に専門特化した弁護士が多数在籍しており、人身障害部というチームで、交通事故の被害者のサポートをしております。年間300件を超える交通事故のご相談に福岡の弁護士が対応しており、過失割合に関するご相談も数多くお受けしております。

相談交通事故を専門とする弁護士にご依頼いただければ、被害者の方に代わって、保険会社との過失割合を巡る交渉を弁護士が行っていきます。

実際に、福岡の法律事務所であるデイライト法律事務所の交通事故を専門とする弁護士に依頼して、過失ゼロで解決した事例もございます。

交通事故の過失割合について、お困りのことがあれば、まずはデイライト法律事務所の弁護士へご相談ください。

無料相談の流れはこちら

 

関連Q&A


『過失割合』についてよくある相談Q&A一覧


賠償金無料算定サービス
実績豊富な弁護士が丁寧にお話を伺い、あなたにとって最善の解決へサポートします。


ご相談についてはこちらから



なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?