よくある相談Q&A

歩道や車道での歩行者と自動車やバイクの事故の過失割合を教えてください



 

解説する男性のイメージイラスト交通事故専門の弁護士がお答えいたします。

歩道や歩行者専用道を通行する歩行者は自動車・バイクに対して絶対的に保護され、原則、過失相殺がされることがありません。
車道での交通事故については、歩行者は車道を通行できないので、歩行者にも過失があるものとされます。

 

歩車道の区別のある道路における交通事故

 

1.歩道・歩行者専用道における事故

自動車やバイクの通行は認められていない歩道や歩行者専用道での事故では、歩行者は原則過失相殺されません。

歩行者 自動車
バイク
歩道等における事故 0 100
歩行者専用道
における事故※
0 100

 

 歩行者専用道における事故の修正要素

歩行者の過失に加算される修正要素
急な飛び出し

歩行者の過失に減算される修正要素
児童・高齢者、幼児・身体障害者等、自動車・バイクの著しい過失・重過失

 

2.車道における交通事故

歩行者はやむ得ないときを除き、歩道を通行しなければなりません(道路交通法10条2項)。

歩行者が車道を通行した場合は歩行者にも過失がありとされます。

歩行者 自動車
バイク
車道通行が
許されている場合
10 90
車道通行が
許されていない場合
20 80
車道側端
以外の場合
30 70

 

歩行者の過失に加算される修正要素
夜間、幹線道路、ふらふら歩き

歩行者の過失に減算される修正要素
住宅街・商店街、児童・高齢者、幼児・身体障害者等、集団横断、車の著しい過失・重過失、歩車道の区別なし

 

 

歩車道の区別のない道路における交通事故

事故のイメージイラスト歩車道の区別のない道路とは、おおむね1m以上の路側帯がない道路です。
歩行者は右側通行をし、やむを得ないとき左側通行ができます(道路交通法10条1項)。

したがって、歩行者が道路のどこを歩いていたかによって過失割合が変わります。

歩行者 自動車
バイク
歩行者が
右側通行している場合
0 100
歩行者が
左側通行している場合
5 95
歩行者が
幅員8m以上の
道路の中央部分を
通行している場合
20 80
歩行者が
歩道のない
幅員8m以下の
道路の中央部分を
通行している場合
10 90

 

歩行者の過失に加算される修正要素
夜間、幹線道路、ふらふら歩き

歩行者の過失に減算される修正要素
住宅街・商店街、児童・高齢者、幼児・身体障害者等、集団通行、車の著しい過失・重過失

 

 

後退車による交通事故

バックする自動車と歩行者の事故の例です。

歩行者 自動車
歩行者が
後退する自動車の
直後を横断
20 80
直後横断以外の場合 5 95

 

歩行者の過失に加算される修正要素
夜間、歩車道の区別のある道路の車道上、警告あり

歩行者の過失に減算される修正要素
住宅街・商店街、児童・高齢者、幼児・身体障害者等、後退開始に後方にいた場合、自動車の著しい過失・重過失

 

車に乗る男性のイラスト

上記の過失割合は、あくまで目安です。
過失割合は、当該事故のすべての事情を総合して判断されることになるので、上記割合と異なる割合になることもあります。

過失割合の算出については、交通事故専門の弁護士にご相談ください。

弁護士への無料相談はこちらから

 

 

関連Q&A

 

 

『過失割合』についてよくある相談Q&A一覧