よくある相談Q&A

交通事故に遭った際の傷病手当金について教えてください。



交通事故で怪我をし、仕事を休んだ際、健康保険には病気や怪我のために会社を休み、会社から給与が受けられないとき、傷病手当金を支給する制度があります。

※相手方からの休業損害と2重どりできるわけではありません。休業損害についてお困りのことがございましたら、交通事故に詳しい弁護士にご相談することをおすすめします。

 

傷病手当金とは

説明する男性のイラスト傷病手当金は、健康保険99条に規定されている制度です。
病気や怪我による休業で健康保険被保険者とその家族の生活を保障するために設けられたものです。

病気や怪我のために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。

 

傷病手当金が受けられるとき

チェック項目のイラスト以下の4つすべてにあてはまる場合、「傷病手当金」を受けられます。
給付対象は、被保険者のみです。

業務外の病気や怪我で療養中であること。

追突のイメージイラスト自費で受診したときであっても、休業の証明があれば支給対象となります。
労災保険の給付対象となる場合や美容整形などには、傷病手当金は支給されません。

 

療養のため労務に服することができないこと

入院のイメージイラスト「労務に服することができない」とは、被保険者が所属している事業所の業務ができないことです。
職場転換などにより就労可能な仕事をし、相当額の給与等を得ている場合は、「労務に服することができない」には該当しません。

「労務に服することができない」ことの判断は、主治医の所見と被保険者の職種、内容などを考慮し決定します。

 

療養のため4日以上仕事を休んでいること

カレンダーのイラスト療養のために連続した3日間会社を休み(待期期間)を除いて、4日目以降の休んだ日から支給対象となります。

 

給与の支払いがないこと

お金のイメージイラスト休業中であっても会社から給与が支払われている場合は、傷病手当金は支給されません。
休業中の給与支給額が傷病手当金の額よりも少ない場合、傷病手当金からその差額が支給されます(健康保険法108条)。

 

 

傷病手当金の支給期間

傷病手当金の支給期間は、支給開始日から1年6か月です(健康保険法99条)。
1年6ヵ月を超えた場合は、復職できなくても、傷病手当金は支給されません。

 

傷病手当金の支給金額

電卓のイラスト傷病手当金の支給金は、下記の計算式で算定されます(健康保険法99条)。

1日当たりの傷病手当金額=標準報酬月額÷30日×2/3

標準報酬月額は、傷病手当金支給開始日の以前12か月間の給与、賞与、手当などの労務の報酬すべてを1か月平均に直したものです。

標準報酬月額=傷病手当金支給開始日の以前12か月間の給与、賞与、手当などの総額÷12か月

 

支給が停止されるとき

下記のような時には傷病手当金の支給は停止されます。

疑問を抱く男性のイラスト・健康保険の資格喪失後に老齢(退職)年金が受けられるとき

・障害厚生年金または障害手当金が受けられるとき

・労災保険の休業補償給付が受けられるとき

 

損害賠償額からの損益相殺

説明する男性のイラスト健康保険の傷病手当金は、休業損害に充当されるため、傷病手当金給付分は損害賠償額から控除されます。

交通事故に遭いお困りのことがございましたら、当事務所の弁護士にご相談ください。交通事故分野に精通した弁護士が対応させていただきます。

弁護士への無料相談はこちらから

 

 

関連Q&A

 

 

『積極損害』についてよくある相談Q&A一覧