よくある相談Q&A

自動車の運転中出合い頭衝突事故に遭いました。自動車の修理代のうち自分の過失分の損害は、どうすればいいのでしょうか?



弁護士鈴木啓太自動車保険には、自分の自動車の修理費をカバーする車両保険があります。

この車両保険は、交通事故による修理代のうち、自分の過失分の填補がされます。もちろん車両保険を使わずに自己負担することもできます。

したがって、事故の過失割合やお互いの修理費により、保険を使用した方がいいのか、自己負担した方がいいのかを判断しなければなりません。

なお、車両保険は保険契約者に過失のない自然災害やいたずらによる被害も補償されます。

以下では、詳しく交通事故を専門に取り扱う弁護士が解説します。

 

車両保険とは

保険のイメージ画像車両保険とは、偶然の事故による保険対象となる被保険自動車の損害に対して、保険金を払うものです。

被保険自動車が修理可能な場合は修理費用、修理ができない場合は車両の時価相当額や運搬費用等の諸費用に対し保険金が支払われます。

 

 

対象となる事故

○を出す男性のイメージイラスト車両保険の対象となる事故は、車同士の衝突・接触事故、物との衝突・接触、物の落下・飛来、盗難、いたずら、浸水、火災、自損事故、当て逃げなど。

自転車との接触や相手方不明な当て逃げやいたずらの場合でも契約によって補償されます。

 

 

対象とならない事故

×のカードを出す男性のイメージイラスト地震や津波による災害、戦争や内乱などによる車両の損壊には車両保険からの支払いはありません。

 

 

車両保険の免責事由

弁護士車両保険の免責事由には以下のものがあります。

なお、免責事由とは、保険者である任意保険会社が保険金の支払いを免れることになる事実をいいます。故意以外に重過失も車両保険の免責事由にしている保険会社もあります。

 保険契約者、被保険者又は保険金を受け取る人が故意に事故を起こした場合

 所有権留保付売買契約に基づく被保険自動車の買主、または1年以上を期間とする貸借契約に基づく被保険自動車の貸主が故意に事故を起こした場合

 保険契約者、被保険者又は保険金を受け取る人の法定代理人、使用者、父母、配偶者又は子が故意に事故を起こした場合

 

車両保険を使用するかどうかの考え方

弁護士鈴木啓太交通事故で車両保険を使用するかどうかは、互いの修理費の額、自分の過失割合を基準に考える必要があります。

具体例で解説いたします。

例えば、交通事故により、双方の修理費がそれぞれ50万円ずつ、過失割合が被害者:加害者=2:8だとします。

この場合、被害者の方は

自分の修理代の20% 50万円×20%=10万円

相手の修理代の20% 50万円×20%=10万円

の合計20万円が事実上自己負担となります。

したがって、車両保険を使用して3等級の等級ダウンによる保険料の増額と20万円のどちらが高くなるかがわかれば、保険を使った方がいいのかを判断することができます。

保険の種類によるので一概にはいえませんが、この自己負担額が10万円程度であれば、車両保険を使用せずに、被害者の自己負担として処理した方がいいケースがほとんどです。

 

お困りの方は弁護士にお任せください

このように、交通事故の損害賠償では、互いの損害額と過失割合が非常に重要な事項となります。

過失割合については、法的な判断が伴うため、被害者の方が自ら保険会社と話すのは難しいことが多いのが実情です。

そのため、交通事故に関してお困りの際は、交通事故を専門的に取り扱う、福岡のデイライト法律事務所の弁護士にご相談ください。

ご相談いただければ、保険の利用方法など、交通事故に精通した弁護士が対応させていただきます。

 

関連Q&A


『賠償金』についてよくある相談Q&A一覧


賠償金無料算定サービス
実績豊富な弁護士が丁寧にお話を伺い、あなたにとって最善の解決へサポートします。


ご相談についてはこちらから


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約