よくある相談Q&A

交通事故により骨折などの重傷を負ってしまい後遺症が残った場合、慰謝料金額は増額されるのですか?



説明する男性何度も手術を余儀なくされた場合、骨折の部位、後遺症の内容によっては、通常の慰謝料よりも増額される可能性があります。

弁護士に相談してみることをお勧めいたします。

けがを負ったことへの慰謝料

怪我交通事故によりけがを負った場合には、けがを負ったことに対する補償として、傷害慰謝料という慰謝料が発生します。

傷害慰謝料は、「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」(「赤い本」と呼ばれています。)掲載の「入通院慰謝料の算定表」を基準として算定されますが、傷害の部位、程度によっては、算定表の金額を20~30%増額される場合もあります。

また、生死が危ぶまれるような状態が継続した場合や、麻酔なしでの手術など極度の苦痛を被った場合、手術を繰り返したような場合には、入通院期間に関わらず、別途慰謝料が増額される場合もあります。

したがって、骨折の場所が頭部(頭蓋骨)などの人の枢要部である場合や開放骨折(骨が皮膚を飛び出してしまう骨折)といった骨折の程度がひどい場合、骨折がうまく癒合できず、再度手術をして接合するような場合には、慰謝料の増額事由となり得ます。

 

後遺障害の慰謝料

2175e9675fc8093ab604ead8c4785a5d_s次に、交通事故により骨折等の重傷を負った場合には、後遺障害が残存してしまう可能性があります。後遺障害が残存した場合には、別途に後遺障害慰謝料が発生することになります。

ここで注意が必要なのは、ここでいうところの「後遺障害」は、一般的によく耳にする「後遺症」とは異なるということです。

単に交通事故により負傷し、何らかの機能障害や神経症状が残存したとしても、その全ての場合に後遺障害慰謝料が発生するわけではありません。

後遺障害慰謝料を請求するには、事故により残存した機能障害や神経症状が自賠法施行令によって定められている後遺障害等級に該当するか、あるいは、裁判において後遺障害として認定されることが必要となります。

 

弁護士へご相談ください

弁護士西村裕一の画像このように、交通事故より重傷を負った場合、傷害慰謝料が増額される場合もあり、別途に後遺障害慰謝料を請求することができる場合もあります。

もっとも、適切な後遺障害等級を得るには専門的な知識が必要になりますし、保険会社の担当者も交渉のプロですから、自力で交渉して慰謝料金額を増額するには限界があります。

保険会社の慰謝料提示金額に不満がある方や、これから慰謝料を請求されようとしている方は、1度専門の交通事故にくわしい弁護士の意見を聞かれることをお勧めします。

デイライト法律事務所の弁護士は、福岡で交通事故を専門的に取り扱っており、骨折の事案も数多く取り扱い経験がございます。以下に弁護士による主な解決事例をご紹介いたしますので、是非ご覧ください。

 

 

弁護士デイライト法律事務所では、交通事故のご相談は、治療中の段階でも対応しております。

まずは、お気軽に弁護士にご相談ください。

 

関連Q&A


『慰謝料』についてよくある相談Q&A一覧


賠償金無料算定サービス
実績豊富な弁護士が丁寧にお話を伺い、あなたにとって最善の解決へサポートします。


ご相談についてはこちらから


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約