よくある相談Q&A

交通事故の自賠責保険の保険金が支払われない場合を教えてください。



弁護士西村裕一イラスト自賠責保険の保険金が支払われないのは、加害者に運行供用者責任が発生しない場合、運行供用者責任が発生するが保有者に責任が生じない場合、保有者に運行供用者責任が発生するが免責される場合です。

 

 

加害者に運行供用者責任が発生しない場合

運行供用者責任とは「自己のために自動車の運行の用に供するもの」(自賠法3条)が負う責任です。

 

被害者が加害者の運行によって死傷しなかった場合

被害者が加害者の自動車の運行によって死傷しなかった場合、加害者に運行供用者責任が発生しません。

自動車とは

自動車とは、乗用車やトラックなどの4輪車、バイクなどの2輪車です。原動機付自転車も含まれます。耕運機や自転車は、自賠責保険の対象となる自動車に該当しません。

運行起因性

運行とは、「人又は物を運送するとしないとにかかわらず、自動車を当該装置の用い方に従い用いること」(自賠法2条2項)といいます。具体的には自動車の構造上設置されている装置(固有装置)の全部または一部をその目的に従って使用することと解釈されています(最判S52.11.24)。
「よって」とは、「運行」と事故発生に相当因果関係のあるものをいいます(最判S43.10.8)。

運行起因性を認められた例

◆車両の特殊装置の操作中の事故
・クレーン車のクレーンの操作中の高圧電線接触による感電死した事故(最判S52、11.24)
・木材をフォークリフトで下ろすとき、木材を落下させ歩行者を死亡させた事故(最判S63.6.16)
・積雪の中、暖気運転中一酸化炭素中毒で死亡した事故(富山地判H9. 2.28)

◆停車中のドアの開閉事故

◆駐停車自体の事故
・夜間、駐車灯等を点灯せず駐車禁止区域に駐車した自動車に原付バイクが衝突した事故(神戸地判H8.9.19)

運行起因性を否定された例

駐停車中の車両の荷台からの転落事故

 

被害者が他人でない場合

自賠責法での他人とは「自己のために自動車を運行の用に供する者及び当該自動車の運転者を除くそれ以外のもの」(最判昭和42.9.29)をいいます。

有名な判例として運転者の妻を他人であるとしたものがあります(最判昭和47.5.30)。なお運転者とは、車を操作する者(運転手)と運転補助者のことをいいます。

 

自損事故

相手がいない事故や怪我をした運転手に一方的な過失のある事故のことです。

たとえば、停車中の車に追突し自分が怪我をした、不注意で電子柱にぶつかり怪我をした、センターラインをオーバーして対向車と正面衝突し死亡したなどの事故です。

 

保有者が自賠法3条ただし書の免責3要件を立証した場合

自賠法3条ただし書の免責3要件は以下の3つです。

① 事故及び運転者が自動車の運転に関する注意を怠らなかったこと

② 被害者または運転者以外の第三者に故意または過失があったこと

③ 自動車の構造上の欠陥がまたは機能障害がなかったこと

 

 

運行供用者責任が発生するが保有者に責任が生じない場合

犯罪のイメージ画像運行供用者責任が発生するが保有者に責任が生じない場合とは、盗まれた自動車が事故を起した場合の盗まれた自動車の保有者には損害賠償責任は発生しないことです。

保有者とは「自動車の所有者その他の自動車を使用する権利を有する者、自己のために自動車を運行の用に供するもの」(自賠法2条2項)をいいます。

 

 

保有者に運行供用者責任が発生するが免責される場合

学生のイメージイラスト自賠法14条では、「保険会社は、……保険契約者又は被保険者の悪意によって生じた損害についてのみ、てん補を免れる」とされています。

保険契約者又は被保険者の悪意とは、「明白な故意(害意、わざと)」という意思のことです。なお、この場合の被害者は政府保障事業から補償を受けることができます。

 

 

関連Q&A

 

 

『保険』についてよくある相談Q&A一覧