よくある相談Q&A

交通事故で慰謝料は請求できるんですか?



不安な女性

慰謝料とは、生命・身体・自由・名誉・貞操などが不法に侵害され、精神的苦痛を受けた場合に請求することができる損害賠償金のことです。

したがって、交通事故の被害に遭い、命を落としてしまったり、ケガを負わされた場合にも当然慰謝料は請求することができます。

もっとも、交通事故であっても物損の場合には、基本的に慰謝料は発生しませんのでご注意ください。

 

交通事故の慰謝料には、下記の3種類があります。

①傷害慰謝料

②後遺障害慰謝料

③死亡慰謝料

それぞれについて簡単に説明します。

 

①傷害慰謝料

傷害慰謝料とは、交通事故によって負傷し入通院した場合に発生します。

ここでいう傷害とは、身体的に負傷した場合に限られず、精神的・心理的に疾患が生じた場合も含まれています。

具体的な計算方法は、総治療期間や入院日数・通院日数で計算することになります。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

②後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料は、交通事故により負傷し、一定期間治療をしても痛みが残存したり、関節の可動域に制限が発症したに発生します。

後遺障害には1級~14級までの等級があり、損害保険料算出機構に属する自賠責保険調査センター調査事務所という機関が認定しています。

具体的な金額(裁判所基準)としては、14級の110万円~1級の2800万円までが目安となっています。

各等級の具体的慰謝料金額については、こちらをご覧ください。

 

③死亡慰謝料

死亡慰謝料は、交通事故により死亡した場合に発生します。

死亡慰謝料は、被害者の方の立場によって金額が変わってきます。

例えば、世帯の収入源となっているお父さんが交通事故で亡くなってしまった場合には、2800万円程度の慰謝料が目安となります。

これに対して、独身の方や子どもが交通事故で亡くなった場合には、2000万円~2200万円程度が目安となるのです。

さらに詳しい説明については、こちらをご覧ください。

交通事故の慰謝料は、交通事故にくわしい弁護士へのご相談をおすすめします。

当事務所の弁護士は交通事故の圧倒的な解決実績を誇っています。まずは弁護士までお気軽にご相談ください。
 

 

関連Q&A

 

 

『慰謝料』についてよくある相談Q&A一覧