よくある相談Q&A

自賠責保険・共済とは?



車検証と免許証交通事故で加害者になっても被害者になっても、損害に対して自動車保険から支払いを受けることが多いと思われます。

交通事故の賠償や補償に使われる自動車保険はとても身近な存在ですが、内容があまりよく知られていません。

そのため、交通事故で被害者になったときや加害者になったとき、損をしないよう、保険内容を知ることは大切なことです。

自動車保険には、自賠責保険・共済と任意自動車保険の2つの種類があります。今回は、交通事故専門の弁護士が自賠責保険・共済の内容を説明します。

 

 

自賠責保険・共済の根拠

説明する男性自賠責保険・共済には、損害保険会社が運営する自動車損害賠償責任保険と共済組合や生活協同組合などが運営する自動車損害賠償責任共済があります。

この2つは、ともに自動車損害賠償保障法(以下、自賠法)に基づき運営される賠償保険です。

 

 

自賠責保険・共済は強制保険

車に乗る男性一般道路を走る自動車、バイクなどナンバープレートをつけている車両は必ず自賠責保険・共済に加入しなければなりません。

自賠責保険・共済に加入していないと1年以下の懲役、50万円以下の罰金、免許停止などの処分を受けることになります。

そのため、自賠責保険・共済は、強制保険と言われています。

 

 

自賠責保険・共済から保険金が支払われるとき

六法全書自賠責保険・共済から保険金が支払われるのは、「保有者」が「自賠法3条の責任」を負うときです。

「保有者」とは「自動車の所有者その他自動車を使用する権利を有する者で、自己のために自動車を運行の用に供するもの」(自賠法2条2項)をいいます。

例えば、盗難車の泥棒が起こした交通事故は「保有者」による交通事故でないため、自賠責保険・共済の保険金は支払われません。

「自賠法3条」の責任とは、「他人の生命又は身体を害したときは、これにって生じた損害を賠償する」責任をいいます。

自損事故、物損事故は「他人の生命又は身体を害したとき」という要件を満たさないため、自賠責保険・共済から保険金は支払われません。

 

 

自賠責保険・共済の補償内容

自賠責保険・共済の死傷者への補償限度額は、以下のように設定されています。

電卓●死亡の場合 3000万円

●傷害の場合 120万円

●後遺障害の場合 75万円~4000万円(認定される等級により異なります)

保険他人の自動車と物の賠償、自分の車両と物の修理費、自分自身の怪我の治療費は自賠責保険・共済では補償されません。

これらの損害は任意保険で填補されることになります。

 

 

保険金の支払時期・請求権者

お金自賠責保険・共済の保険金の支払いは、原則、示談等が成立したとき一括で支払われます。

しかし、被害者が当座の生活に困窮した場合などへ保険金の一部を事前に支払う制度があります。

また、保険金の請求は、加害者(自賠法15条)、被害者(自賠法16条)どちらからも可能です。

 

 

自賠責保険・共済が支払われない時

レース保険契約者・被保険者がわざと交通事故を起こしたとき、自賠責保険・共済から保険金は支払われません(自賠法14条)。

ただし、あくまで自賠責保険・共済から保険金が支払われないというだけであって、この場合も加害者の被害者に対する民事上の賠償責任は生じます。

 

 

自賠責保険・共済の重過失減額

自賠責保険・共済の保険金の支払いにおいて、被害者に7割以上の過失が認められる場合には保険金額が減額されます。これを重過失減額といいます。

逆に言えば、被害者の過失が70%未満の場合であれば、過失割合に応じた減額はなく、規定通りの保険金が支払われるということです。

保険一方、任意保険では、当事者双方の過失割合に応じて保険金が減額されます。

そのため、交通事故の場合、自賠責保険や任意自動車保険の仕組みを理解し、加害者や保険会社との示談交渉を行う必要があります。

一度専門家である弁護士にご相談されることをお勧めします。

弁護士へのご相談はこちら「無料相談の流れ」からどうぞ。

 

 

『保険』についてよくある相談Q&A一覧