よくある相談Q&A

事故の賠償金が減額される?素因減額とは?



弁護士鈴木啓太素因減額とは、事故当時、すでに被害者が、損害が発生・拡大する要因(既往症や身体的特徴、心因的な要素)を持っており、実際にそれが原因で損害が発生・拡大したときには、一定の割合について賠償額を減額することです。

 

素因減額されるケース

弁護士被害者の賠償金が減額されるのは、事故が発生したことについて過失がある場合です。この場合には、過失相殺といって、過失の割合分について賠償金が減額されます。

素因減額は、被害者になんら過失がなくても、被害者の身体的・心因的要因を加味して賠償金を減額する考え方です。

被害者にとっては、なんら落ち度がないのに減額されることは、理不尽とも思われますが、最高裁判所の判断においても、損害の公平な分担という観点から、一定額を減額することを認めています。

素因減額されるケースとしては、大きく以下の2つに分類できます。

素因減額されるケース
  1. 被害者に身体的な疾患や既往症、身体的な特徴などの身体的素因
  2. 被害者の性格や精神疾患などの心因的素因

被害者に身体的な疾患や既往症、身体的な特徴などの身体的素因

身体的素因として素因減額されるケースについて説明します。

判例 判例(最判平成8年10月29日)では、以下のように判示されています。

「被害者が平均的な体格ないし通常の体質と異なる身体的特徴を有していたとしても、それが疾患に当たらない場合には、特段の事情の存しない限り、被害者の右身体的特徴を損害賠償の額を定めるに当たり斟酌することはできないと解すべきである。」


判例においては、損害の発生・拡大に寄与した要因が被害者の「疾患」に原因がある場合には、素因減額がされると述べられています。

もっとも、疾患であれば、全てが素因減額されるわけではありません。

疾患の態様、程度などから、加害者に損害の全部を賠償させるのが公平を失するときに一定の割合の素因減額がされることになります。

痛む女性では、疾患には至らないものの、特徴的な身体的な特徴が原因で事故が発生・拡大した場合には、素因減額されるでしょうか。

上記の判例においては、疾患ではなく身体的特徴にとどまる場合には、原則として素因減額することはできないとされています。

もっとも、極端な肥満など通常人の平均から著しくかけ離れた特徴があり、日常生活においても通常人と比べて、慎重な行動を求められるような場合には、素因減額される可能性があります。

また、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について、素因減額ができるかどうかはよく問題となります。

骨粗鬆症とは、加齢などによって、骨の密度が小さくなり、骨の強度が落ちて骨折しやすくなる疾患です。

骨粗鬆症は、加齢によって生じることが多く、高齢者の相当数の方が骨粗鬆症といえます。こうした場合に、素因減額を認めると高齢者が骨折した場合には、多くのケースで素因減額されることになり不合理です。

膝のケガしたがって、加齢による骨粗鬆症に関しては、基本的には素因減額されません。

ただし、通常の加齢による骨密度の低下を超えて、病的に骨粗鬆症が進んでいる場合には、素因減額の対象となる可能性もあります。

 

被害者の性格や精神疾患などの心因的素因

心因的要因を理由とする場合についても、心因的要因が損害の拡大に寄与していれば、素因減額されることもあります。

心因的要因による素因減額について、詳しくは、こちらをご覧ください。

被害者の方に、事故前からの疾患がある場合、保健会社が素因減額を主張してくることはよくあります。

デイライト法律事務所では、交通事故に注力する弁護士が、ご相談に対応します。保険会社との交渉で素因減額についてお困りの方は、お気軽にご相談ください。

 

 


『積極損害』についてよくある相談Q&A一覧


賠償金無料算定サービス
実績豊富な弁護士が丁寧にお話を伺い、あなたにとって最善の解決へサポートします。


ご相談についてはこちらから


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約