よくある相談Q&A

事故の被害者です。保険会社との示談交渉を拒絶し、加害者と直接交渉できますか?



解説する男性のイメージイラスト被害者は、保険会社との示談交渉を断ることはできます。

保険会社の示談交渉サービスは被害者の同意がなければできないからです。

しかし、保険会社との示談交渉を拒否しても、加害者と直接示談交渉をできるわけではありません。

 

1.加害者と直接示談交渉をしたい!

疑問に思う男性のイメージイラスト「人身事故なのに加害者が一度も見舞いに来ない」
「保険会社が損害を認めてくれない」
「保険会社の提示額に納得できない」
などの理由から、加害者と直接交通事故の示談交渉をしたいと望む被害者の方がいます。

ところが、現在では、保険会社が交通事故の加害者、被害者双方の当事者の代理として示談をするのが主流になっています。

 

2.示談代行サービスが使える条件

自動車保険の示談代行サービスは、
・加害者(自動車保険の契約者、被保険者)が対人事故の請求を受けた場合
・保険会社が損害賠償請求権者(被害者側)から直接請求規約に基づく請求を受けた場合

上記の場合に、被保険者に対する補償限度において、保険会社の費用で被保険者の同意の下、折衝、示談または調停、弁護士の選任を含めた訴訟の手続きを行います。

 

3.対人賠償において示談代行が使えないとき

×のカードを出す男性のイメージイラスト以下に該当するとき示談代行は使えません。
・自動車任意保険の免責になるとき
・加害自動車に自賠責共済がついていない場合
・損害額が自賠責の支払限度で収まる場合(任意保険を使わないで済む場合)
・損害額が任意保険の支払限度および自賠責保険の限度を超える場合
・被害者が、保険会社をとの直接交渉を了承しない場合

 

4.保険会社との示談に臨むとき

「加害者に代わって謝罪しろ」と感情を保険会社担当者にぶつけたくなる被害者の方の気持ちはわかります。

しかし、保険会社の担当者は加害者賠償の代理をする人です。

保険会社のイメージイラスト感情をぶつけるよりも冷静に賠償の交渉をし、解決を目指すことが適切だと思います。

また、加害者個人と交渉し合意しても、加害者に賠償する資力がないなど損害賠償の支払いを受けられないことがあります。

一方、保険会社は損害賠償を支払う能力が担保されています。加害者と直接交渉するよりも損害賠償を受けられるという面では安心できると言えます。

 

5.被害者が保険会社の示談代行を拒否したら

「やっぱり保険会社とは示談交渉したくない」と被害者が保険会社との示談交渉を拒絶した場合、加害者に弁護士が立つ可能性が高いです。

社労士日置明男画像保険会社から依頼を受けた弁護士は加害者の代理人として被害者との交渉をすることになります。

つまり、保険会社の示談代行を拒否しても当然に加害者と直接交渉できるわけではありません。

交渉では、専門的な知識を必要となる場合もあります。不安があるなら交通事故に精通している弁護士に相談することをお勧めします。

 

 

関連Q&A

 

 

『賠償金』についてよくある相談Q&A一覧