よくある相談Q&A

TFCC損傷とはどのようなケガですか?後遺障害が残りますか?



執筆者:弁護士西村裕一

TFCC損傷とは、手首のケガです。小指側にある軟部組織で、手首の動きに関わっています。

そのため、TFCC損傷により、手首(手関節)の可動域に制限が残存するようなら、可動域の制限の程度によって、後遺障害の10級10号や12級6号に該当する可能性があります。

また、痛みが残存する場合には、神経症状の後遺症として12級13号や14級9号が認定される余地があります。

 

1.TFCCとはなんですか?

375401

TFCCとは、手首にある三角繊維軟骨複合体のことです。このTFCCは骨ではなく、靭帯、半月板に同じような軟部組織です。親指側にある腕の骨である橈骨(とうこつ)と小指側にある腕の骨である尺骨(しゃっこつ)、8つの骨からなる手根骨という部分の間にある小さな組織です。

TFCCは、手首の外側の衝撃を吸収するクッションの役割と手首を安定する役割があります。

この部分を損傷することをTFCC損傷といいます。

 

2. TFCC損傷の原因はなんですか?

交通事故などの外傷による場合と、手首を繰り返し使う仕事をする人、加齢変性によって発生することが知られています。

自転車の事故のイメージイラスト交通事故による場合は、
・バイクや自転車の事故で転倒の際、手を強く押して倒れたとき
・自動車のハンドルを握っている際、過度に手のひらを返す動きがあったとき
TFCCを損傷することが知られています。

手首を急激にひねる動きをしてしまった場合には、TFCCがねじれますので、損傷が起こるというイメージです。

ねじれる力が強いと損傷にとどまらず、断裂という結果になる可能性があります。

デイライト法律事務所のある福岡では、自転車を利用する方が非常に多いので、交通事故によりTFCCを損傷される方は多く、当法律事務所にもご相談が寄せられています。

 

3.症状はどんな症状がでますか?

TFCCを損傷してしまうと、腕を回す動作をした際、手首の小指側に痛みや腫れ、手首を小指側にひねる際、痛みを伴うクリック音が鳴るという症状があります。

 

4.どのような診断がされるのですか?

誘発テスト

痛みを誘発するテストで怪我の存在と程度を把握します。

画像診断

MRIのイメージイラストTFCCは骨ではなく軟部組織のため、単純X線(レントゲン)撮影では写りません。

そのため関節造影やMRIを用いています。

それでも判断が難しいため、関節鏡も用いて損傷の有無を確認しています。

 

5. どのような治療がされていますか?

TFCC損傷の治療法としては、大きく分けて保存療法と手術による治療があります。

保存療法

手術をしない治療法を保存療法といいます。

TFCC損傷の場合、ギプスやサポーターなどで手首を固定します。

固定で痛みが消えないときは、ステロイド関節内注射を行うことがあります。

手術

TFCCの損傷の程度が大きい場合や断裂してしまっているような場合には、手術をします。

手術では、関節鏡視を用いての部分切除、縫合などを行います。

また尺骨短縮術(骨を切る手術)を実施することもあります。

手術後は患部の炎症が治るまでは固定をし、その後リハビリを行って治療をしていきます。

 

6.TFCC損傷の後遺障害の等級を教えてください。

腕のケガのイメージ画像TFCC損傷は手首のケガですから、手首(手関節)の動きに影響があります。

手首の可動域が
・健側(怪我をしていない側の手首)と比べ1/2以下に制限されているなら、10級10号
・健側(怪我をしていない側の手首)と比べ3/4以下に制限されているなら、12級6号
に該当する可能性があります。

また、TFCC損傷により、手首の痛みが完全に取れず、痛みが残存する場合には、神経症状の後遺症として1213号または149号に該当する可能性があります。

 

7.交通事故におけるTFCC損傷のポイント

MRI検査を受ける

TFCCは、骨ではないため、レントゲンでは映りません。
そのため、この部分が損傷しているかどうかを確認するためには、MRI検査を受けることが大切です。
最初は、打撲だと思っていたけれど、手首の痛みがなかなかとれないといった場合には、MRI検査を主治医に相談してみるということを検討しましょう。

 

症状固定をどの時点にするか、主治医とよく話し合う

弁護士西村裕一TFCC損傷の程度が大きい場合、手術を行って、断裂したTFCCを縫合することになります。
こうした手術をした事案では、手術後、しばらくは可動域回復のリハビリや経過観察のため、一定期間さらに治療が必要になるのが通常です。

その意味では、保険会社も手術をしたら即治療終了とは考えません。

他方、手術をせずに保存療法で治療する場合、治療費を支払う保険会社としては、どこまで保存療法に対する治療費を支払うべきかがはっきりしないこともあり、治療の打切りなどのトラブルに発展してしまうリスクがあります。

したがって、被害者としては、保存療法をどのくらい続けるのか、主治医と問診で症状をきちんと伝えることを通じて、話をしておくことが必要です。

後遺障害の申請を適切に行う

TFCC損傷では、治療の結果完治せず、可動域制限や痛みが残ってしまうリスクがあります。

このとき、後遺障害を適切に取得できなければ、後遺症に対する補償を受けることが困難になります。

したがって、可動域検査をしっかりと行ってもらう、痛みやTFCC損傷の特徴であるクリック音のことについて、後遺障害診断書にきちんと記入してもらうことが重要です。

その上で、被害者の症状が適切に後遺障害の手続に反映されるよう、専門家である弁護士のサポートを受けて、診断書をはじめとする各種書類を精査し、保険会社からではなく、被害者請求の形で自賠責保険へ後遺障害の手続をすることをオススメします。

 

関連ページ


『後遺障害』についてよくある相談Q&A一覧


賠償金無料算定サービス


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約