よくある相談Q&A

交通事故で肩腱板断裂(損傷)と診断されました。後遺障害に認定されますか?



執筆者:弁護士西村裕一

肩腱板断裂は、肩関節を回転させる筋肉のけがです。

交通事故の後、肩関節の可動域に制限が残った場合、後遺障害等級の8級6号や10級10号、12級6号に該当する可能性があります。

また、症状固定の段階で肩関節に痛みが残った場合、神経症状として12級13号や14級9号が認定される余地があります。

そのため、交通事故により肩腱板断裂(損傷)のけがを負った場合には、早い段階で交通事故を専門とする弁護士に相談、依頼すべきです。

 

1.肩腱板とはなんですか?

肩のケガのイメージイラスト肩腱板とは、肩関節の周りを囲む腱・筋の集まりです。肩関節を回転させる役割があります。

肩腱板には棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょっかきん)、小円筋(しょうえんきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)があり、このうち棘上筋が断裂しやすいと言われています。

 

2.肩腱板断裂の発症原因を教えてください

痛む女性肩腱板断裂(損傷)は、腱板が骨と骨の間に位置していて、老化により機能低下を起こすという特徴から、スポーツ外傷や加齢変性によっても一般的に発生することが知られています。

スポーツ外傷による場合では、野球の投手がオーバースローで投球動作を繰り返すと、よく発症することが知られています。

交通事故での外傷としては、

  • 追突された際、衝撃でハンドルの方へ腕を突き出した
  • 自転車やバイクで転倒の際、地面に手をついた
  • 歩行者で歩いていたとき、自動車にひかれて肩を強打した

といったケースで発症するケースがあります。また、年齢により腱板の機能低下が生じているので、40代以降、特に50代以降で比較的多く生じるけがです。

断裂まで至らない場合でも、部分的に腱板を損傷しているというケースもあります。

腱板断裂(損傷)の難しい点に、高齢者の場合、交通事故の以前から腱板の損傷が存在することもあるという点が挙げられます。すなわち、肩腱板損傷は日常生活を送っていても、機能低下により生じる可能性もあります。

そのため、交通事故により腱板断裂(損傷)が生じたかどうかについて、保険会社と因果関係が問題となるケースもあります。

 

3.どんな症状がでますか?

肩のケガのイメージイラスト肩腱板の症状は、肩を回す動作をしたとき、肩に痛みが出ます。

その痛みのため自分では腕を上げることができなくなります。

 

4. 肩腱板断裂の診断はどうやっているのですか?

誘発テストと画像で診断されています。

誘発テストでは、肩が実際に挙げられるかどうか、関節に拘縮があるかどうか、挙げた場合に肩関節の周辺で軋轢音がするかどうかというポイントをチェックします。

MRIのイメージイラスト画像診断では、腱板が断裂している場合、単純X線(レントゲン)画像で肩骨の先端の距離が縮んでいることが確認できます。

MRI画像検査では強い高輝度陰影で断裂部が白く見えます。断裂の状態を精査するためには、MRI検査を用いるのが一般的です。

 

5. 肩腱板断裂の治療方法

肩腱板断裂(損傷)の治療方法としては、他のけがと同様、程度に応じて、保存療法と手術があります。

保存療法(手術をしない治療法)

病院投薬、ストレッチ、可動域訓練など理学療法が施行されます。

交通事故の場合には、事故直後は急性期のため、2週間程度三角巾で患部を安静にすることもあります。

また、肩関節に注射を打って治療することもあります。

痛みが強くある場合には、水溶性副腎皮質ホルモンと局所麻酔剤を打ちますが、痛みがほとんどなくなれば、肩関節をスムーズに動かせるようにヒアルロン酸注射をすることもあります。

手術

断裂の程度がひどく、棘上筋が完全に断裂しているときには、保存療法では改善が期待できないため、腱板再建術という手術をします。

手術後は約1か月ほど患部の固定をし、その後リハビリを行っていき、可動域の回復に努めます。

 

6. 肩腱板断裂の後遺障害について教えてください。

肩関節のケガですから、肩関節の動きに影響がでます。

病院での治療のイメージ画像肩関節の可動域が
健側(怪我をしていない側の肩関節)と比べ1/2以下制限されているなら、10級10号
健側(怪我をしていない側の肩関節)と比べ3/4以下制限されているなら、12級6号
に該当する可能性があります。

また、肩関節について「関節の用を廃したもの」と評価されれば8級6号に該当する可能性があります。

痛みが残存する場合には、神経症状として12級13号または14級9号に該当する可能性があります。

7. 交通事故での肩腱板断裂の注意点

このように、交通事故で肩腱板断裂あるいは腱板損傷のけがを負った場合、後遺症が残り、後遺障害の手続を行わなければならない可能性がありますが、注意点があります。

それは、先ほども述べたとおり、腱板断裂(損傷)の難しい点に、高齢者の場合、交通事故の以前から腱板の損傷が存在することもあるという点が挙げられます。
そのため、交通事故により腱板断裂(損傷)が生じたかどうかについて、保険会社と因果関係が問題となるケースもあります。

因果関係が問題となると、腱板断裂や損傷がそもそも交通事故によるけがなのかが争われることになります。

この場合には、肩の画像が非常に重要になります。すなわち、腱板のMRI検査の画像で、その損傷が事故から間もない時期に起こったものなのか、それとも以前からすでに存在していたものなのか(「陳旧性」という言葉が使われます。)を医師に判別してもらうのです。

例えば、転んでできた傷も最初は血や膿が出るため、ジュクジュクした状態ですが、一定期間経過すればかさぶたとなり、乾燥した状態へと変化します。腱板損傷もこれと同じで、検査した時点で、けがからどのくらい経過したものなのかで因果関係を検討するのです。

したがって、肩腱板断裂もしくは腱板損傷と診断された場合には、因果関係を巡ってトラブルになる前に、早めに専門家である弁護士に相談しておいた方がよいでしょう。

関連Q&A


『後遺障害』についてよくある相談Q&A一覧


賠償金無料算定サービス


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約