よくある相談Q&A

交通事故で上腕骨近位部を骨折した場合、どのような後遺障害に認定されますか?


上腕骨近位部骨折と後遺障害

腕の骨のイメージイラスト上腕骨は、肩から肘にかけて位置する骨です。二の腕の部分の骨に該当します。

交通事故の場合、バイクや自転車に乗っていて車と衝突したり、歩行者として車に衝突した場合に、転倒した拍子に肩を地面に打ったときや手をついて倒れた時に骨折が起こりやすくなります。

また、車に乗っている場合でも衝突の衝撃で肩をハンドルにぶつけたりした場合に、上腕骨を骨折する可能性があります。

近位部とは心臓から近い部分という意味で、上腕骨の心臓に近い方というのは、肩関節側の部分ということになります。

この部分を交通事故で骨折すると、以下のような後遺症が生じる可能性があります。

上腕骨近位部骨折の後遺症の症状
  • 肩関節をうまく動かすことができない
  • 肩に痛みが生じる

こうした後遺症が治療を行っても残ってしまった場合、自賠責保険の後遺障害の申請手続を行わなければなりません。

 

 

上腕骨近位部骨折の後遺障害の基準

この点、自賠責保険では、上腕骨骨折の後遺障害について、①機能障害、②神経障害、③変形障害の3つの後遺障害が設定されています。

機能障害

先ほど解説したとおり、上腕骨近位部は肩関節に近い部分です。

そのため、この部分を骨折すると、肩関節の動きに影響を与える可能性があります。

自賠責保険では、こうした機能障害の等級基準として以下の3つの基準を設定しています。

上腕骨近位部骨折の等級基準【機能障害】
  • 8級6号
    「1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの」

  • 10級10号
    「1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの」

  • 12級6号
    「1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」

まず、8級6号の「用を廃したもの」といえる場合については、関節が強直したものが該当することとされています。

強直とは、関節の完全強直又はこれに近い状態にあるものをいうと定義されており、けがをしていない方の可動域の10%程度以下に制限されているものが該当します。

肩が痛む男性のイメージ画像したがって、イメージとしてはほとんど動かすことができない状態ということです。

次に、10級の「著しい障害を残すもの」と12級の「障害を残すもの」については、可動域の制限の程度によって該当するかどうかを判断することになります。

具体的には、肩関節の可動域が2分の1以下に制限されている場合には10級、4分の3以下に制限されている場合には12級に該当します。

肩関節の主な運動としては、腕を体につけたところから耳の上まで体の横を通して挙げる外転運動と腕を前から回して頭の上に挙げる屈曲運動とがあり、基本的にはこの動きの可動域の程度を判断材料としています。

この可動域の数値は、自分の力のみで肩を動かす場合のものではなく、理学療法士などの方が補助をして動かした場合の数値(他動といいます。)を用いています。

ここまで説明してきたとおり、自賠責保険の機能障害においては、後遺障害として認定される可動域制限に基準が設定されています。

したがって、屈曲運動の可動域が10度や20度ほど制限されているとしても、肩関節の屈曲運動の可動域は、けががない場合180度となっていますので、4分の3以上の制限はないため非該当(後遺障害には該当しない)という結果になってしまいます。

このように、機能障害については、可動域を正確に測定してもらうことが適切な等級認定のためには必要になってきます。

後遺障害診断書を作成する段階で、理学療法士の方に角度計を使用してもらって、きちんと測定してもらい、その結果を診断書に反映してもらうことがポイントです。

◆交通事故における後遺障害診断書についてはこちらをご覧ください。

 

神経障害

交通事故によって、上腕骨近位部を骨折した場合、骨折した周辺の痛みが治療をしても完全には取れないということもあり得ます。

こうした骨折後の痛みの後遺症については、神経障害として、自賠責保険の後遺障害では、以下の基準が用意されています。

上腕骨近位部骨折の等級基準【神経障害】
  • 12級13号
    「局部に頑固な神経症状を残すもの」

  • 14級9号
    「局部に神経症状を残すもの」

12級と14級の違いは、痛みが医学的に他覚的にも証明できるものかどうかという点になります。

上腕骨近位部骨折の場合、骨折した部分がきちんとくっついていて、レントゲン画像上では特に異常が認められない場合には、12級ではなく14級が認められるかどうかの問題になります(もちろん、非該当という場合もあります。)。

他方で、骨折した部分が正常にくっついておらず、不正癒合があると確認できる場合には、12級13号が認められる可能性があります。

痛みについては、後遺障害診断書の自覚症状の項目に、その旨の記載がなければなりません。

そのため、骨折した部分の痛みが残っている場合には、医師にその旨を伝えて後遺障害診断書に記入をしてもらうことが必要です。

◆交通事故における後遺障害診断書についてはこちらをご覧ください。

 

変形障害

交通事故により上腕骨近位部の骨折が生じた場合、骨折のずれの程度によっては、元どおりにきれいに骨がくっつかずに不全癒合を生じることもあります。

このように、上腕骨が変形してしまった場合、自賠責保険では以下の後遺障害が設けられています。

上腕骨近位部骨折の等級基準【変形障害】
  • 12級8号
    「長管骨に変形を残すもの」

どのような場合に変形障害が認められるかについてですが、遠位部骨折の場合には、骨端部に癒合不全を残すものや上腕骨の骨端部のほとんどを欠損したものなどのケースが考えられます。

弁護士西村裕一このように、交通事故で上腕骨遠位部骨折の場合、治療を行っても、可動域の制限や痛み、変形障害といった後遺症が残ることがあります。

そのため、上腕骨遠位部を骨折してしまった場合には、交通事故を専門とする弁護士に相談して、適切な後遺障害の認定を受けることが重要です。

 

◆後遺症が気になる方へのサポートはこちらからどうぞ。

 

関連Q&A

後遺障害


『後遺障害』についてよくある相談Q&A一覧
 





なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約