よくある相談Q&A

膝蓋骨骨折とは、どのような怪我ですか。後遺障害に該当しますか?



膝のイメージ画像

膝蓋骨(しつがいこつ)とは、膝関節にある膝のお皿の骨折です。

交通事故により膝蓋骨を骨折すると、膝関節に痛み、腫れが生じたり、膝を自分で動かせなくなります。

骨折をしているので、治療としては、ギプスによる固定や手術による固定が行われています。

膝関節の怪我ですから、膝の機能障害が残存した場合に後遺障害として認定される可能性があります。

 

1. 膝蓋骨とはどんな骨ですか?

484823

膝蓋骨とは膝のお皿のことです。

手で膝の部分を触れば、固い部分があるのがわかります。この部分が膝蓋骨になります。ちなみに、「蓋骨」の「蓋」(がい)という字は「ふた」という意味です。

膝を動かすと膝蓋骨は上下に動きます。

膝蓋骨が上下に動くのは、膝を伸ばす太ももの筋肉が大腿骨に擦られ、腱が切れるのを防ぐ役割をしているからです。

したがって、膝蓋骨を骨折すると、膝の曲げ伸ばしで痛みを伴うことが多くあります。

 

2. 膝蓋骨骨折の発生原因を教えてください。

交通事故のイメージイラスト

交通事故の場合、歩行者で自動車にひかれてしまって、転倒した際に膝を地面で打った場合や追突事故の衝撃で、ダッシュボードに膝をぶつけてしまった場合などに膝蓋骨を骨折することがあります。

膝蓋骨の骨折が起こる交通事故では、膝にある靭帯や半月板も合わせて損傷や断裂してしまうこともあります。

 

3. 膝蓋骨骨折の症状はどんな症状ですか?

足のケガのイメージイラスト

当然ですが、骨折した膝の部分に強い痛みを訴えます。

また、立ち上がったり、自分で膝を曲げたりすることができなくなります。

さらに、時間が経つと膝関節に血液が溜まり、膝が腫れてくることもあります。

 

4. どのような方法で膝蓋骨骨折は診断されていますか?

MRIイメージイラスト

まずは、医師により患部である膝を触診し、その後単純X線撮影(レントゲン)による画像で診察されています。

骨折が複雑な場合はCT、レントゲンでは骨折が判然としない程度の軽い場合にはMRIが使われることもあります。

 

5. 膝蓋骨骨折はどのような治療方法ですか?

膝のケガのイメージイラスト

骨折により膝関節内部で内出血をしているケースでは、関節内にたまった血を抜くという処方がなされます。その上で、骨のズレの程度によって保存療法か、手術をします。

骨折による骨のズレがない場合や少ない場合は、4~5週間のギプスによる保存療法を行います。

ズレの大きい場合や粉砕骨折の場合は、膝蓋骨を鋼線やワイヤーで固定する手術を行います。特に、粉砕骨折の場合は複数の箇所に骨折があるため、正常な骨癒合を促すために、手術を選択する可能性が高くなります。

また、同時に半月板も損傷しているようなケースでは、損傷の程度がひどければあわせて手術がなされます。

抜釘時期は術後5か月くらいと言われています。

手術後は、膝関節の拘縮により膝間接が動かなくなることを防ぐため、可動域訓練は術後1週間くらいから開始します。

 

6. 膝蓋骨骨折の後遺障害を教えてください。

膝蓋骨は膝関節の可動域制限を伴う骨折のため、膝関節の可動域に制限が残存する可能性があります。

膝関節の可動域に制限が残存した場合、

・健側(怪我をしていない側の膝関節)と比べ1/2以下制限されるなら、10級11号
・健側(怪我をしていない側の膝関節)と比べ3/4以下制限されるなら、12級7号

に該当する可能性があります。

また、骨折した膝蓋骨に痛みが残存したとき、神経系統の障害が残存したとして、12級13号または14級9号に該当する可能性があります。12級13号か14級9号かの違いは、骨折した膝蓋骨が転位なく骨癒合できているかどうか、関節面に不整面が認められるかの違いです。

したがって、症状固定時点で再度レントゲンを撮影しておく必要があります。

 

7.膝蓋骨骨折のけがを交通事故専門の弁護士に依頼するメリット

手術のイメージ画像

適切な治療が行われれば、膝蓋骨骨折には後遺障害が残存しないという意見をいう方もいます。

しかしながら、上記のとおり、膝関節の可動域制限や骨折部の痛みが一定期間治療をしても残ってしまうという可能性も十分にあります。

したがって、膝蓋骨骨折のけがを交通事故で負ってしまった場合には、交通事故を専門とする弁護士に早めに依頼すべきといえます。交通事故を専門とする弁護士に依頼することで以下のようなメリットがあります。

 

保険会社との面倒なやり取りを弁護士に任せることができる

交通事故にあった場合には、弁護士に依頼していなければ、被害者の方が自ら保険会社と治療中の段階から病院のことや今の症状のことなどについてやり取りを行わなければなりません。

しかしながら、このやり取りは被害者の方にとって、大変な負担です。

福岡の法律事務所であるデイライト法律事務所では、交通事故専門の弁護士が、福岡で交通事故にお困りの被害者の皆様を治療中の段階からサポートしているので、こうした保険会社との面倒なやり取りを全て弁護士に任せることができます。

実際に、当法律事務所にご依頼いただいた方の多くの方から保険会社とのやり取りが不要になって楽になったとのお声をいただいております。

後遺障害の等級申請を弁護士がサポート

記録膝蓋骨骨折のけがは、可動域制限や痛みが残ったりしてしまう可能性があります。

そのような場合には、後遺障害の等級申請を行わなければなりません。

この後遺障害の申請は、被害者の方が自分一人で準備して進めるのは非常に大変な手続です。他方で、相手方の保険会社に完全に任せる手続(事前申請)では、透明性が確保できず、交通事故を専門とする弁護士としてはオススメできません。

福岡のデイライト法律事務所の弁護士にご依頼いただくことで、交通事故を専門とする弁護士が被害者の方に代わって、後遺障害の等級申請を行って、適切な等級が得られるようにサポートをいたします。

具体的には、後遺障害診断書の作成について主治医に協力を依頼したり、症状固定時にレントゲン検査をお願いしたり、可動域の測定方法についてアドバイスをしたり、被害者の方に代わって、病院から画像を取得したりといった活動を弁護士が行っています。

適切な賠償金額の算定と示談交渉の代理

人身障害チーム交通事故について、最終的には、保険会社との示談をすることになります。膝蓋骨を骨折する大けがを負っている以上、被害者の方は適切な補償を受けたいと誰しもが思うはずです。

しかしながら、被害者の方は、具体的にいくらが適切な賠償金額なのかがわからないというケースがほとんどです。

また、保険会社の運用では、被害者の方が自ら示談交渉を行う場合と弁護士が示談交渉を行う場合で提示する賠償額が大きく異なるのが現状です。

したがって、福岡で交通事故を専門とするデイライト法律事務所の弁護士にご依頼いただくことで、膝蓋骨骨折のけがを負った被害者の方が適切な賠償金を獲得できるように、保険会社との示談交渉を弁護士が代理して行います。

交通事故の問題でお困りの方は、まずはお気軽に弁護士にご相談ください。

 

関連Q&A


『後遺障害』についてよくある相談Q&A一覧


賠償金無料算定サービス
実績豊富な弁護士が丁寧にお話を伺い、あなたにとって最善の解決へサポートします。


ご相談についてはこちらから


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約