よくある相談Q&A

大腿骨転子部骨折ってどんな怪我ですか?どのような後遺障害が残りますか?



太もものイメージ画像交通事故で太ももの外側に強い力がかかったとき、大腿骨上部の転子部といわれる箇所が骨折します。

骨のくっつきが良いところですが、高齢者には手術による治療が行われることが多いです。

股関節の運動機能障害や足の短縮などの後遺障害が予想されます。

 

1. 大腿骨転子部(だいたいこつてんしぶ)とはどこのことですか?

下肢の骨のイメージイラスト大腿骨転子部とは、くびれて細くなっている大腿骨頸の下の部分に2つのでっぱりのことです。

足の小指側、外側のでっぱりを大転子、足の親指側、内側のでっぱりを小転子と呼びます。

 

2. 大腿骨転子部骨折とはどんな怪我ですか?

大腿骨転子部骨折は、大腿骨の大転子から小転子の間の骨折することです。

転子間骨折、転子貫通骨折とも呼ばれています。

股関節の外での骨折で、血流もよく大腿骨頸部骨折と比べる、骨癒合がしやすい骨折です。

しかし、受傷者は高齢者が多いこと、大腿骨頸部骨折より強い力を受けることから、全身的な合併症が多く、治療が難しい骨折と言われています。

 

3. 大腿骨転子部骨折の発生原因を教えてください。

事故のイメージイラスト高齢者に多く見られる骨折です。屋内での転倒など比較的軽いエネルギーで発生します。

交通事故などで大転子を強打した場合にも発生します。

 

4. 大腿骨転子部骨折の症状はどんな症状ですか?

入院のイメージイラスト股関節の前面から外側にかけての痛みの訴えがあります。

起立ができなくなり、歩行もできません。

太もも付け根からおしりにかけて腫れと皮下出血があります。

骨折による骨のズレが大きいと、下肢の短縮がおこります。

ただ、血流がよい場所のため偽関節や壊死などの合併症は少なくなります。

 

5. 大腿骨転子部骨折はどのような方法で診断しますか?

MRIイメージイラスト単純X線での画像で診断がされています。

骨折線が不明な場合はCTが使われています。

 

6. 大腿骨転子部骨折の治療はどのような方法ですか?

入院のイメージイラスト骨癒合がよいことから保存療法がおこなわれます。

高齢者に対しては、早期に起き上がれるようになり、日常生活の復帰ができるように手術が行われています。

手術は、スクリューや髄内釘での骨を接合する方法が一般的です。

固定がよければ、手術翌日から起立、歩行が可能になります。

 

7. 大腿骨転子部骨折の後遺障害を教えてください。

股関節の可動域に制限が残存した場合、

・健側(怪我をしていない側の股関節)と比べ3/4以下なら制限されているなら12級7号

に該当する可能性があります。

大腿骨が短縮して骨癒合した場合

・5㎝以上短縮した場合 8級5号
・3㎝以上短縮した場合 10級8号
・1㎝以上短縮した場合 13級8号

に認定される可能性があります。

若年者の大腿骨転子部骨折場合は、後遺障害を残る可能性が少ないという意見があります。

しかし、しかし、怪我の治療経過は個々人によって変わるものです。後遺障害に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。
 

 

関連Q&A

 

 

『後遺障害』についてよくある相談Q&A一覧