よくある相談Q&A

足関節の可動域制限は後遺障害認定されますか?どんな外傷が原因となりますか?



交通事故で、足関節の可動域制限での後遺障害に認定される可能性はあります。

足関節が

強直すれば、8級7号
可動域が健側の1/2以下に制限されれば、10級11号
可動域が健側の3/4以下に制限されれば、12級7号

に認定される可能性があります。

足関節の可動域制限の原因となる外傷には、足関節果部骨折、脛骨天蓋骨折(ピロン骨折)、外傷性足関節脱臼、足関節捻挫などによる靭帯損傷があります。

 

足関節とは体のどこですか?

足首の骨のイメージイラスト足関節とは足首のことです。下腿には脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)があります。

小指側には、腓骨。腓骨の下は外側にでっぱり、くるぶしと言われます。

腓骨のくるぶしを外果といいます。

親指側には、脛骨。内側にある脛骨のくるぶしを内果といいます。

外果と内果は、足首の関節窩(ほぞ穴)をつくっています。

このほぞ穴に距骨がはまり、外果側は前距腓靱帯で結びつけられています。

 

足関節の外傷の原因と傷病名を教えてください

足首にねじる力が加わったとき、足首に強い力がかかったとき、に足首を受傷します。

例えば、
足関節果部骨折
脛骨天蓋骨折(ピロン骨折)
足首の捻挫、脱臼による前距腓靱帯の損傷などです。

これらの交通事故による傷病は、足首を損傷するため、可動域が制限されます。

 

後遺障害等級はどうなりますか?

1.8級7号

「関節の用を廃したもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

(1) 関節が強直したもの、またはこれに近い状態

・「強直」とは、関節がまったく可動しない状態のことです。関節が全く可動しないか、またはこれに近い状態を言います。
・「これに近い状態」とは、健側の可動域の10%程度以下(5度単位で切り上げて計算)に制限されたものをいいます。

(2)関節の完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にあるもの

・自動でも関節が動かないか、これに近い状態です。
・「これに近い状態」とは、(1)と同じ意味です。

2.10級11号

「著しい障害を残すもの」とは、次に該当するものをいいます。

・関節の可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されているもの

3.12級7号

「単なる障害を残すもの」とは、次に該当するものをいいます。

・関節の可動域が健側の可動域角度の3/4以下に制限されているもの

 

足関節の可動域の計測はどうやるのですか?

リハビリのイメージ画像・関節可動域は、他動の主要運動を計測します。
・ケガをしていない健側とケガをした患側の主要運動の合計を比較します。
・足関節の主要運動は、背屈・底屈です。
・背屈は足首を曲げること、底屈は足首を伸ばすことをいいます。

 

 

関連Q&A

 

 

『後遺障害』についてよくある相談Q&A一覧