よくある相談Q&A

歩道を歩いていたら、自転車と衝突しケガをしました。自転車の事故でも過失相殺ってされるのですか?



ウォーキング歩行者と自転車の交通事故でも、損害について過失相殺されます。
ご質問のケースでは基本過失割合は、歩行者0対自転車100になるでしょう。

自転車は、運転免許や車両の登録の必要がありません。
そのため、小さいなお子さんからお年寄りまで幅広い年齢層に利用されています。
最近、自転車への警告制度設置や高額な損害賠償判決もあり話題になっています。

 

過失相殺とは?

自動車やバイクでの交通事故の原因を分析すると、加害者、被害者両当事者双方になんらかの不注意(過失)があり事故が起こっています。
過失のある被害者の事故での損害をすべて加害者に負わせることは公平ではありません。
そこで、加害者と被害者のお互いの過失の割合に応じて、双方の損害額を分担します。
これを過失相殺といいます。
過失割合とは、不注意の大きさを割合であらわしたもので、「今回の事故は10:0だった」とか「8:2だった」という使い方をしています。

過失相殺の制度趣旨は自転車事故でも当てはまります。
だから自転車での事故でも過失相殺を使い、損害を加害者被害者の双方で公平に分担します。

過失割合、過失相殺について詳しくはこちらをご覧ください。

 

過失相殺の基準は?

過失相殺をする際、別冊判例タイムズの『民事交通事故訴訟における過失相殺率の認定基準』(東京地裁民事交通訴訟研究会編)という本をもとに事故当事者の過失割合を決めます。
実際に発生した事故をこの本に載っている事故類型に当てはめ、そこに記載された基本の過失割合をもとに、具体的な過失割合を決定しています。
また弁護士が使っている『民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準』(通称『赤い本』)や『交通事故損害額算定基準』(通称『青本』)が使われることもあります。
実際に、自動車と自転車との事故において過失相殺は適用されています。
また、平成26年より別冊判例タイムズ『民事交通事故訴訟における過失相殺率の認定基準』に「歩行者対自転車」の過失割合が掲載されるようになりました。

 

ご相談の「歩行者対自転車」の事故の過失割合を紹介しましょう。

歩道上での事故の場合 歩行者0:自転車100

歩行者は、歩道上で自転車への注意を払う義務を負っていません。
よって、歩道上の歩行者が過失相殺されません。
一方、自転車は原則車道を通行します。道路外の施設に出入りする場合など例外的に歩道の通行が許されます(道路交通法17条1項)。

また、
自転車が道路標識などで歩道の通行を許可されている場合、自転車は歩道中央から車道寄りの部分を徐行しなければなりません。自転車の通行により歩行者の通行を妨げるときは、一時停止をしなければなりません(道路交通法63条の4第2項)。

このように、歩道上では自転車の通行できない、あるいは歩行者への注意を払う義務があります。
よって、歩行者の過失はゼロ、自転車の過失が100となります。

ただ、これはあくまでも一例にすぎません。詳しくは交通事故に強い当事務所弁護士にご相談ください。

 

 

関連Q&A

 

 

『過失割合』についてよくある相談Q&A一覧