整骨院での治療を負担してほしい


整骨院での施術費用の賠償請求

弁護士整骨院は病院よりも開院時間が長いことが多く、夜遅くまで開院している整骨院は多くあります。

仕事や家事・育児に時間を取られ、病院には通院できないという方々は、整骨院をメインとして治療をされている方もいらっしゃいます。

整骨院での施術費用は、医師の指示・同意のある場合、あるいは、医師の指示・同意がなくても、施術の必要性と相当性があり、事故との因果関係が認められる場合には損害として認められる傾向にあります。

一括対応図一括対応:病院・整骨院と相手方保険会社が直接やり取りをして、相手方保険会社が直接病院・整骨院に治療費の支払いを行うこと(被害者の方ご自身の過失がゼロあるいは小さい場合)

整骨院の施術費用に関しても、相手方保険会社が一括対応するケースは多いですが、近年、保険会社の整骨院への対応は厳しくなっており、ケースによっては、一括対応しないという場合もあります。

その理由と一つとして、整骨院の数がここ数年増加傾向にあり、整骨院の中には、施術証明書と呼ばれる書類(病院でいう診断書や診療報酬明細書)を治療終了時まで一切保険会社に提出せず、治療終了時に高額な治療費をまとめて請求するといった不適切な対応をする整骨院がいるためです。

一括対応?

一括対応をしてもらえない場合には、一括対応を解除して、自ら自賠責保険に被害者請求をすることで、整骨院費用を確保することも考えられますが、万一、自賠責保険でも賠償が認められなかった場合には、施術費用の負担は自己負担となるので、注意が必要です。

 

 

整骨院での治療の注意点

整骨院整骨院に通院する場合には、並行して病院にも定期的に通院することをお勧めします。

基本的に整骨院で治療することができる部位は、医師の診断書に記載のある負傷部位に限られます。したがって、1度も病院に行かず、あるいは、医師の診断が全くない部位について、整骨院で施術を継続するようなケースでは施術費用を支払ってもらえないリスクが高いです。

また、後遺障害等級の申請をするにあたっては、後遺障害診断書が必要となりますが、後遺障害診断書は医師のみしか作成できず、整骨院の柔道整復師は作成することはできません。

後遺障害診断書は、治療の経過を把握していなければ作成することは困難ですので、定期的に病院にも通院することが必須なのです。

人身障害チームデイライト法律事務所では、被害者の方が通院する整骨院の先生方を対象とした交通事故についての勉強会を定期的に開催するなどして整骨院の先生方とも関係を構築しております。

また、整骨院の施術費を弁護士の交渉により補償してもらえた事例もございます。

詳しくはこちら、解決事例「整骨院の費用を支払わないと言われたものの、補償を認めてもらえたIさん(20代会社員)の事例」をご覧ください。