治療中、治療の打ち切りを受けた方のサポート

治療の打ち切りをめぐる問題とポイント

治療の打ち切りとは

交通事故にあった場合には、まず警察に連絡をしなければなりません。

そして、交通事故によりけがをした場合には、病院で治療を行うことになります。

その際に、被害者の方ご自身の過失がゼロあるいは小さい場合には、病院と相手方保険会社が直接やり取りをして、相手方保険会社が直接病院に治療費の支払いを行います。

一括対応図このような保険会社の対応のことを一括対応といいます。

この一括対応を終了することを、治療の打ち切りといわれます。

法律の理屈としては、実際に経済的な損害が生じていなければ、加害者に損害賠償請求をすることはできません。

被害者の経済的な損害は、治療費に関しては病院の窓口で治療費を支払ってはじめて生じます。

病院したがって、本来であれば、被害者の方自身が治療費を負担して、その後、相手方に損害賠償請求して補償をしてもらうという流れが、損害賠償における本来の手順になります。

しかし、そのような対応では、経済的に余裕がない被害者の方は治療を受けることができません。

また、交通事故によりけがをすれば、治療のために、仕事を休まなければならなくなり、治療費の捻出が難しくなる可能性もあります。

こうした状況をなくすために、加害者の保険会社が任意で直接病院とやりとりをして、治療費を支払うという一括対応のシステムがとられるようになったのです。

保険会社としても、いずれ支払わなければならない治療費を先に支払っておくことで、遅延損害金を少なくするというメリットもあります。

ここで留意すべきことは、一括対応は、あくまで保険会社の任意の対応であり、法的な義務があるわけではないということです。

すなわち、一括対応を実施するかどうか、あるいは実施するとしてどの時点で対応を終了するかを決定するのは、保険会社の自由であるということです。

治療費をその都度払ってもらうのが当然であるというわけではないということは被害者の方も押さえておかなければならないポイントです。

治療打ち切りの対応策

上記のように、一括対応を終了することは保険会社の自由です。

このような一括対応に対しては、交通事故の直後から定期的な治療を受けることで、そもそも治療の打ち切りをできる限り主張されないようにしておく必要があります。

診断書保険会社が治療費を支払うためには、当然被害者の方がどの病院に何日間通院したのか、どのような治療をしているのかという情報が必要です。

つまり、保険会社は被害者の方の治療に関する情報を適宜把握しているわけです。

被害者の方はそのことも踏まえておくことが大切になります。

また、治療の打ち切りを保険会社から言われたとしても、適切な期間まで治療を受けるために、保険会社の一括対応終了の申し出をあっさりと受け入れてしまってはいけません。

法的には、症状固定の状態にいたるまでは、加害者に治療費を支払う義務があります。

症状固定に至っているかどうかの判断は、医学的な判断になるので、医師の見解が非常に大切です。特に、被害者の方を継続して診ている主治医の先生の意見が最も重要です。

したがって、保険会社が治療を打ち切る(一括対応を終了する)と言ってきた場合には、まずは主治医の医師に相談すべきです。

主治医が、治療はまだ必要であるとの見解を示してくれれば、その見解を保険会社に伝え、症状固定に至っていないことを主張することができます。

さらに、治療の打ち切りを回避すべく交渉をしたものの、最終的に保険会社が打ち切りの意向を変えることがなかった場合でも、通院を継続することは可能です。

なぜなら、保険会社は通院をするなとは被害者に強制することまではできず、あくまでそれに要する治療費の立替えをしないというのが治療の打ち切りと呼ばれるものの実態だからです。

つまり、通院を継続するかどうかの選択肢は、被害者の方にあるということです。

そのため、保険会社の治療の打ち切り後も治療を継続した上で、のちに自費治療の部分も含めて示談交渉することは可能です。

デイライト法律事務所では、弁護士によるアドバイスにより、こうしたケースでの解決事例もございます。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

治療費として認められる範囲

慰謝料算定交通事故により負傷した部位の治療の費用は、基本的に認められます。

しかし、治療上の必要性や合理性が認められないのに、複数の病院に通院したり、不必要な入院をしているような場合には、その治療費の賠償が否定されることがあるので注意が必要です。

治療費として認められる範囲について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

デイライト法律事務所のサポート

ここまで説明してきたとおり、治療中の段階や治療の打ち切りの局面で、保険会社とのやりとりが必要となります。

デイライト法律事務所ロゴここで保険会社とトラブルになることも多く、弁護士によるサポートが必要なところです。

もっとも、法律事務所の中には、こうした治療の打ち切りについては、相談に十分に対応していないところもあります。

福岡のデイライト法律事務所では、交通事故の相談を数多く対応している専門チームの弁護士がサポートを行っております。主なサポートの内容は、以下のものです。

 

治療に関するアドバイス

弁護士鈴木啓太治療の打ち切りは、交通事故の態様や保険会社の担当者によってもタイミングが異なるため千差万別です。

そのため、被害者の方のけがの内容を踏まえ、事故直後から通院先や通院の頻度を検討して、治療をしっかりと継続していくことが重要になります。

こうした治療に関するアドバイスを専門の弁護士が被害者の方へ行うことで、そもそも治療の打ち切りができる限り生じないようにサポートを行っています。

 

治療の打ち切りの延長交渉

また、実際に保険会社から治療の打ち切りを打診された場合でも、弁護士が被害者の方に代わって、治療の打ち切りをしないよう、一括対応を延長するように保険会社と交渉を行います。

必要があれば、弁護士が主治医の医師のご意見を伺ったりすることで、保険会社の治療の打ち切りの判断に合理性があるのかどうかの検証も行っています。

通常、交通事故にあった被害者の方が自分一人で保険会社に対して、治療の打ち切り交渉を行うことは至難のことです。

そこで、デイライト法律事務所では、交通事故を専門的に取り扱い、日々保険会社と交渉をしている弁護士が少しでも納得のいく治療ができるようサポートをしていきます。

 

自賠責保険への被害者請求

万が一、保険会社の治療の打ち切りを受けた場合でも、治療の必要性がある事案では、治療を継続した上で、自賠責保険へ被害者請求をすることも選択肢になってきます。

このとき、被害者の方が自らの力だけで、必要書類を集め、自賠責保険へ請求するのは非常に大変です。

そこで、デイライト法律事務所の弁護士が、被害者の方に代わって必要書類を取得したり、どのような書類を被害者の方に取得してもらう必要があるのかを説明し、被害者請求をサポートしています。

デイライト法律事務所では、弁護士がこうしたサポートを通じて、交通事故にあった被害者が適切な治療を受けることができるように活動しています。

交通事故の治療費のこと、治療の打ち切りのことでお困りの方は、福岡のデイライト法律事務所の弁護士までお気軽にご相談ください。

 


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約